翠の独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS ミュージカル『ラ・マンチャの男』

<<   作成日時 : 2005/06/25 22:35   >>

トラックバック 1 / コメント 3

画像
『ラ・マンチャの男』はかの『ドン・キホーテ』を題材としたミュージカルで、35年にわたって松本幸四郎さんが演じてきました。その公演数はいまや1000回を超えています。
1995年から次女の松たか子さんも出演するようになり、親子共演で話題になりましたが、当初はドン・キホーテの姪アントニア役での参加でした。そして2002年からはドン・キホーテの想い人アルドンサ役として登場するようになります。
今日、この『ラ・マンチャの男』を初めて観てきました〜!

新規に観た作品としては、久々に「いいものを観た!」と思いました。さすが、長年にわたって上演されているだけのことはあります。素晴らしかったです。
セルバンテスの『ドン・キホーテ』はあまりに有名ではありますが、その全容は意外と知られていないのではないでしょうか。私もきちんと読んだことはありません。なので、この舞台が原作『ドン・キホーテ』に忠実なのか分かりませんが、そもそも『ラ・マンチャの男』はセルバンテス自身の物語であり、劇中劇として『ドン・キホーテ』が登場するという手法がとられているので、その劇中劇が必ずしも物語の『ドン・キホーテ』と全てが一致する必要はないと思います。

<ストーリー>
16世紀の末のスペイン、セビリア市。ある牢獄に後に『ドン・キホーテ』の作者としられるミゲール・デ・セルバンテス・イ・サァベトラが教会を侮辱した罪で、セルバンテスは従僕とともに投獄される。ちょっとした騒ぎがもとで牢名主と囚人の前で申し開きをすることになった。そこでセルバンテスは即興劇で無罪を主張することにする。

即興劇の主人公は気がおかしくなって、自分を騎士ドン・キホーテだと信じこんでいるアロソン・キハーノ老人。彼は従僕サンチョを連れて旅に出る。ドン・キホーテにとって風車は4本の腕をもった巨人、旅館は壮大な城、旅館の主人は城主、旅館にいるあばずれ女、アルドンサは麗しきドルシネア姫・・・・。
一方、キハーノが旅先で“巨人”と闘ったり、“姫”に自分の騎士遍歴を語ったりしている頃、キハーノ邸では姪アントニアなどが彼の行方を探し、心配していた。そしてドン・キホーテは連れ戻されることに・・・・。

キハーノは本当におかしいのか? 即興劇を創りだした、セルバンテスはどうなるのか。彼らの運命はいかに・・・・。


松本幸四郎さんは、やはり貫禄ありますね〜。演技はもちろん、その歌声も深みがあり、聴き入ってしまいました。
そして、思いがけず感動したのは松たか子さんの演技です。いかにも体当たり!といった感じで、ものすごい迫力でした。歌も音域の広さに驚かされました。
松さんの舞台は初めて観ましたが、こんなに上手い人だとは思っていませんでした。

昨年、『ミス・サイゴン』のチケットを取る際、松たか子版キムの公演を狙ったものの、なかなか取れず、結局諦めて市村版エンジニアにのみ狙い撃ちしてチケットをGETしました。
しかし、今回ものすご〜く後悔してしまいました。こんなことなら、どんな無理をしてでも、松さんのキムを観ておけば良かった〜!!と思わずにはいられません。
今年の2月、松たか子さん主演の『コーカサスの白墨の輪』という舞台をやっていた時も興味はあったものの、予算とスケジュールの問題で結局チケットは取りませんでした。これも観ておけば良かった・・・・。

今後、松さんの舞台に注目していきたいと思います。

※ 『ラ・マンチャの男』は、帝国劇場にて今月29日までの上演です。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ラマンチャの男
「ラマンチャの男」見てきました。現在、帝劇で上演中です。 「ラマンチャの男」は松本幸四郎さん主演、松たかこさんとの親子共演で話題になったミュージカルです。 ...続きを見る
明日はあしたの風が吹くサ!日記
2005/06/29 06:21

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。
ラ・マンチャ、ご覧になったのですね。
私も見たかったのですが、スケジュールと予算の都合であえなく断念しました。
松さんは昨年ミス・サイゴン&浪人街で何回か観ましたが、存在感がすごいですよね。
また、再演を望むばかりです。

それと、私のところにミュージカルバトン(ミュージックバトン)が回って来たのですが、翠さんにお回ししてもよろしいですか?
くまのすけ
2005/06/28 22:32
くまのすけさん、こんばんは〜。
松さんのキム、ご覧になったんですね!今後、チャンスがあるか分からないので、とっても羨ましいです。

ミュージカルバトン、受け取らせていただきます。「ミュージックバトン」という名称では知っていましたが、「ミュージカルバトン」という言い方もあるんですね。
5人もまわす人、いるかなぁ・・・・。(^^;

2005/06/28 23:15
翠さん、バトンの受け取りありがとうございます〜♪
それでは、よろしくお願いしますm(__)m

何人に渡すか、そこで止めるかは自由だってことで気軽にどーぞ♪
(そういう自分も5人もいない…(^-^;))
くまのすけ
2005/06/28 23:25
ミュージカル『ラ・マンチャの男』 翠の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる