翠の独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 香箱蟹

<<   作成日時 : 2006/02/28 23:59   >>

トラックバック 0 / コメント 0

香箱蟹(コウバコガニ)をご存知でしょうか。ズワイガニはよく耳にすると思いますが、香箱蟹はその雌です。
ズワイガニの半分ほどでしかない小さな蟹で、知名度も低かったのですが、ここ数年、人気急上昇なのだとか。
その香箱蟹を食べました。

特に蟹を目的としていたわけではないのですが、たまたま飲みにいったお店に「おすすめメニュー」として、香箱蟹があり、注文してみることにしたのです。
香箱蟹の魅力は「内子」と呼ばれる甲羅の内側に有る未成熟卵と「外子」と呼ばれる腹に抱えた卵にあります。内子は蟹味噌と絡み合って濃厚な感じ。外子はプチプチした食感です。私個人としては、内子のほうが好きですね〜。
ただ、身としては、小さい蟹なのでほとんど食べるところはありません。

さて、今回、この蟹を食べた後で「ん??」と、段々胡散臭く思えてきました。
というのも、ズワイガニは11月初めから3月下旬まで漁が行われているものの、香箱蟹は保護の観点から1月初めには禁漁になってしまうからです。つまり、もう今の時期には市場に出回っていないし、飲食店でもほとんど香箱蟹のメニューは終わってしまっているのです。
恐らく冷凍してあったものだとは思うのですが・・・・そう思いたいだけかも。(^^;

まあ、美味しかったからいいんですけどね。
それにしても、私が食べたのが香箱蟹ではなかったとしたら、一体何だったのでしょう?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

香箱蟹 翠の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる