翠の独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 宝塚雪組公演『ベルサイユのばら』

<<   作成日時 : 2006/04/29 23:59   >>

トラックバック 0 / コメント 9

先月の星組公演『ベルサイユのばら〜フェルゼンとマリー・アントワネット編』に引き続き、雪組公演『ベルサイユのばら〜オスカル編〜』を見てきました!
前回、初の宝塚体験に色々驚いたことも多かったのですが、今回も凄かったです!前回よりもパワーアップ!!凄すぎて、さすがにちょっと引いたかも。(^^;

オープニングは前回と同様、「ご覧なさい、ご覧なさい、ベルサイユのばら〜♪」の歌で始まりました。しかし、その後で、もうフィナーレですか!?と思えるような出演者総出の歌にびっくり。
まあ、まもなく本編が始まってくれて良かったです。

今回はオスカル編ということで、もちろん中心はオスカルです。驚くべきことにマリー・アントワネットやフェルゼンは一切出てきません。
アンドレとの恋の行方が中心になるのかと思いきや、必ずしもそうでもなく、アンドレさえも出番が少ないのでは?と思えるほど。あくまで、男であり、女である「人間」としてのオスカルに焦点が当てられていたように思えます。

オスカル役は雪組トップの朝海ひかるさん。アンドレ役は今回、星組から特別出演の安蘭けいさんでした。安蘭さんは、「フェルゼンとマリー・アントワネット編」ではオスカルを演じていたので、何だかとっても不思議な感じ。特に2幕は「フェルゼンとマリー・アントワネット編」と被るところが多く、オスカルとアンドレ二人のシーンは、「この前はオスカルだったんだけどなぁ」なんて思いながら見ていました。
個人的には安蘭さんのオスカルのほうがカッコ良かった!ていうか、安蘭さん・・・・カッコいいです!!
私は、原作の「ベルばら」ではアンドレに対しては全くと言っていいほど、思い入れもなく、むしろ、あまり好きではありませんでした。そして、それは前回の「フェルゼンとマリー・アントワネット編」でも同じだったのです。
ところが今回、出番が少なかったにもかかわらず、オスカルよりもアンドレに目がいってしまうくらいでした。アンドレがとても可哀そうに思え、どうかオスカルと結ばれてほしい・・・・と思ってしまいました。安蘭さん効果、スゴイです!

舞台全体は、相変わらず煌びやか。オスカルが衛兵隊に転属になったところから始まり、宮廷のシーンは一切ないのにこの華やかさは一体何なのでしょう。
まあ、今回はそういうものだと思って見ていたのでいいのですが、拍手のタイミングは未だによく分かりません。トップの朝海さんが登場する→拍手する・・・・で、ここでも拍手するのかな?と思いきや、そこではしない。さらに、ここでは拍手しないだろうと思っていると、拍手していたり・・・・う〜ん、分からん。

さて、今回一番驚いたというか、引いたのは、1幕のラストでした。
アンドレが心の中で思い描くオスカル・・・・ペガサスに乗ったオスカルなのですが、最初は漫画の絵が登場し、まもなく朝海さん扮するオスカルがホントにペガサスに乗って登場します。しかもそれが飛んだ!!と言ってもワイヤーなどで宙吊りになるとかではなく、遊園地の乗り物のようなもので、上下運動を繰り返す・・・・ちょっとカッコ悪いです。正直、笑いをこらえるので必死でした。(^^;
あれを真剣にやっている宝塚はホント、凄いです・・・・。

今回、ハプニングがありました!
第2幕の革命のシーン・・・・橋の上からアンドレがオスカルを呼び、橋の下にいるオスカルが橋の上を見上げて「アンドレ!」と呼ぶ・・・・はずが、出てきたセリフは「アラン!」。
その瞬間、会場は騒然となりました。
確かにアンドレを演じていたのは安蘭(アラン)さんですけど・・・・。まさか、こんな大事なシーンで、わざと狙って言ったとも思えません。だって、この後に続くセリフが「この戦いが終わったら、結婚式だ!」ですよ。名前を間違えて「結婚式」とか言っている場合ではないですよ〜。_| ̄|○
この直前まで衛兵隊士のアランとのやりとりだったので混乱してしまったのでしょうか。一瞬、朝海さんも安蘭さんも固まっていました。その後で、朝海さんも小さく「アンドレ」と言い直しましたが、いかにも気まずそうでしたね。
私もこんな露骨に間違う場面には初めて遭遇しました。
まあ、役者さんも生身の人間ですからね。たまには間違うこともあるでしょう。

今回、思わず引いてしまったり、ハプニングがあったりと色々ありましたが、前回の「フェルゼンとマリー・アントワネット編」よりも面白かったです。
やっぱり、ベルばらを盛り上げるのはオスカルですね!
セリフの言い回しとかも、前回ほどクサさを感じませんでした。単に私が慣れただけなのでしょうか?

改めて、また原作の漫画を読み直してみたくなりました♪

ベルサイユのばら 8 TMS DVD COLLECTION
ベルサイユのばら 8 [DVD]

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(9件)

内 容 ニックネーム/日時
安蘭アンドレでご覧になったなんて羨ましいです〜!
彼女のお芝居にはすごく説得力があるなあ、
と思っています。
それにしても「アラン!」とはまた、
なんとも絶妙な間違いでしたね(笑)
あのペガサス、いろんな意味でスゴイですよね…(^^ゞ
うーさま
URL
2006/04/30 01:40
雪組ベルばらは観に行けないので、
翠さんのレポで観に行った気分になりました!
安蘭けいさん、とても惹き付けられるものを
前回のオスカル役で感じました☆
歌も演技もバランス良くお上手な方でした。
感情移入させられてしまうのが、
よく分かります〜。
チロル
URL
2006/04/30 01:40
>うーさまさん
宝塚初心者なので、よく分からず、たまたま取れたのが安蘭アンドレだったのですが、これはラッキーだったのでしょうか?
でも、安蘭さん、とても良かったです。ちょっとファンになってしまいました。(^^ゞ
名前の間違いは、びっくりしましたが、ホント絶妙でした。

>チロルさん
オスカル編、面白かったです!驚くこともたくさんありましたが・・・・。(^^;
安蘭さんも良かったです。
う〜ん、このまま宝塚にハマッていってしまいそうで怖いです。

2006/04/30 12:17
翠さん、TBありがとうございました!
ベルサイユのばら〜オスカル編〜おもしろかったですね〜。フェルゼンとマリー・アントワネット編より断然おもしろかったです!
それにしても安蘭さん、カッコ良かったですよね〜。今度、他の星組公演を見に行きましょう!
snowwhite
2006/05/01 07:10
>snowwhiteさん
ベルばら、良かったですね!
これまで宝塚は避けてきましたが、他の作品も見てもいいかな〜という気になってきました。
面白そうな作品があったら、またご一緒しましょう。

2006/05/02 00:29
思わず吹き出しちゃいましたよ!
そのペガサス見たい〜!
それにしてもマリー・アントワネットもフェルゼンも出ないなんて〜。一体どんな舞台なんだ?
そして私はアンドレがあまり好きじゃないという翠さんの言葉にもびっくりさ!でも私も考え方をかえれば、ちょっとしつこい男かも?と思ったり。
しかしアランとアンドレ間違えちゃいかんよね〜。ハプニングを見られてある意味ラッキーでしたね!
ちかちゃん
2006/05/02 23:17
>ちかちゃん
ペガサスは強烈でした・・・・。上手く文章で表現できず、その様子を伝えきれないのが残念です。

あら、アンドレ好きじゃないって意外ですか?
まあ、アンドレ云々というより、オスカルは孤高の人であってほしい・・・・と思うだけでして。(^^;

2006/05/03 23:53
はじめまして。うーさまのところから辿り着きました。アランとアンデレを間違える(しかもとうこさんの芸名は安蘭けい)場面に居合わせていたのというのは羨ましいようなお気の毒なような...私はまだ宝塚観劇歴3年くらいですが、毎月欠かさず見ています(笑)。また遊びに来ますね。
exercise dependency
URL
2006/05/05 11:46
>exercise dependencyさん
はじめまして!
あの間違いには、ホント驚きました。なかなか、そんな場面にも遭遇しないもので。(^^;
宝塚、いいですね〜。私もハマってしまいそうです。ベルばら以外の作品も見てみたいと思います。
是非、また遊びにいらっしゃってください。

2006/05/05 22:07
宝塚雪組公演『ベルサイユのばら』 翠の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる