翠の独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS ミュージカル『ミー&マイガール』

<<   作成日時 : 2006/06/17 23:32   >>

トラックバック 1 / コメント 4

帝国劇場で上演中のミュージカル『ミー&マイガール』を見てきました!
正直、あまり期待していなかったのですが・・・・。なんて楽しい舞台なのでしょう!!
その楽しさは私が大好きなCFYに匹敵するものがありました〜。

今回、話題になっていたのは、オーケストラを指揮する塩田さん。「楽しげ」とか「はじけてる」とか、いろいろ噂を聞いていました。それは是非、注目しなければ〜!と思っていたのですが、ちょっと不思議にも思っていました。
オーケストラって、そもそも客席から沈んだところにいるのに、何でそんなに指揮者の動きとかが分かるのだろう??と
劇場に到着して分かりました。オーケストラピットが客席と同じ高さにあったのです。しかし、そうなると、大きな楽器は舞台の高さまで突き出し、指揮台にのる指揮者は目立ちまくり・・・・。
あの〜、舞台見るには邪魔なんですけど。

いよいよオープニングの演奏が始まると、塩田さんの楽しげな指揮ぶりが、嫌でも目に入ってきます。
えぇーー、マジでこのままなの!?と思っていると、まもなくオーケストラピットが沈み始めました。
やっぱり、そうよね・・・・。この瞬間、だいぶ安心しました。

<あらすじ>
1930年代後半の英国。ロンドンの由緒正しい名門貴族ヘアフォード伯爵家では、当主が亡くなり後継ぎ問題が浮上していた。
この問題を話し合う為に、親戚一同(当主の妹・マリア公爵夫人、その娘・ジャッキー、公爵夫人の甥・ジェラルド、親族のバターズビー卿、バターズビー夫人、ジャスパー・トリング卿、そして後見人の男爵・ジョン卿)が集まる。当主の遺言は、若い頃に許されない結婚をしていた当時に出来た一人息子・ビルの行方を捜し出し、彼が貴族に相応しい人間ならば全財産を継がせる事、というものだった。
しかし、見つけ出されたビルは無教養で品のないがさつな下町青年。が、紳士に仕立てるべく遺言執行人のディーン公爵夫人マリアとトレメイン卿ジョンが厳しい後継ぎ教育を施す。その過程でさまざまな難問が巻き起こり…。
さて、ビルは恋人・サリーともに困難を克服し、紳士に生まれ変わることができるか?


この舞台では、楽しいタップダンスが随所に盛り込まれています。
昨日、CFYで散々タップダンスを堪能したのに、また、こんなにタップを見るとは。
ちょっとタップダンスを習いたくなってしまいました。(^^ゞ

今回、主役のビルを演じる井上芳雄君もタップをやっています。
また、ビルという役は様々な小道具を使いこなさなければならず、今回、井上君の器用さに感心させられました。
ビルの恋人サリーを演じるのは笹本玲奈ちゃん。
ビルへの想いをせつなく歌うソロシーンでは、レミゼのエポニーヌと被ってしまい、さらにせつなく感じられました。
マリア公爵夫人を演じる涼風真世さん。
これはハマリ役ですね!2003年の唐沢版では、ジャッキーを演じていたようですが、う〜ん・・・・この舞台では、マリア公爵夫人以外、考えられません。
今回ジャッキーを演じていたのは純名りささん。
私が純名さんを舞台で最後に見たのは、レミゼのコゼットでした。それだけに、ビルを誘惑するこの役は何ともギャップが激しくて、すごい違和感・・・・。いや、決して合っていないわけではなく、むしろ合っていたのですが・・・・。単なる私のイメージの問題です。(^^;

この舞台で何と言っても楽しいのは、1幕の最後の「ランベスウォーク」!
この時は、再びオーケストラピットが浮上。指揮の塩田さんの弾けっぷりがウケます!!
なるほどコレか〜、というのがよく分かりました。(笑)
あまりに面白くて、俳優さんたちよりも、塩田さんにばかり目がいってしまいました。

休憩時間にsnowwhiteさんと、この作品について「男女逆版マイ・フェア・レディっていう感じよね」なんていう話をしていました。
すると、2幕になって、何と『マイ・フェア・レディ』とリンクするではありませんか!
他にも、レミゼのことを言っているシーンなんかもあり、これらを知っていると、より楽しむことができます。

ミュージカル『ミー&マイガール』は26日まで帝国劇場で上演されています。
まだ結構空席があり、今日も空いている席がチラホラあるのが残念に思えました。
とても楽しい作品で、もう少し期間があれば、私はもう一度見てもいい!と思ったくらい。

これはオススメ!多くの方に見ていただきたいミュージカルです。


Me And My Girl (1986 Original Broadway Cast)
Me And My Girl (1986 Original Broadway Cast)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ミー&マイガール
 昨日、翠さんと一緒に現在、帝劇で上演されています、「ミー&マイガール」を観てきました! ...続きを見る
明日はあしたの風が吹くサ!
2006/06/18 22:58

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
すっごく楽しそうなのが伝わってきました〜。タップ満載と指揮者の動きが面白いってのがそそる〜!
でもちょっと終わるの早いですねぇ。あと1ヶ月やっててくれれば…。
ちかちゃん
2006/06/18 20:42
>ちかちゃん
と〜っても楽しいミュージカルでした!
私も始まって間もない頃に見ていれば、もっと早くオススメできたのですが・・・・。
この舞台で面白いのは、オーケストラもパフォーマーであること!指揮者が踊ったり跳びはねたりしながら指揮するばかりか、1幕と2幕ではオーケストラの人たちも衣裳を替えてくるのです!
こんな舞台は初めてでした〜。

2006/06/18 21:41
オケピが動く作品ってそんなにないですよね。
帝劇の舞台機構を存分に使えてよかったなー、
と思いました(^^ゞ
塩田さんと井上くんがちょっと交代してしまったり、
塩田さん大活躍でしたね☆
うーさま
URL
2006/06/19 23:46
>うーさまさん
オーケストラがあんなにも目立つ舞台というのは初めて見ました。ああいう演出もいいですね。
確かに井上君が指揮していたのはちょっとウケましたね。でも、もっとウケたのはフィナーレで村井さんが指揮台にのっていたことでした。(笑)

2006/06/20 00:46
ミュージカル『ミー&マイガール』 翠の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる