翠の独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 「海藻」の正体

<<   作成日時 : 2006/06/26 23:59   >>

トラックバック 0 / コメント 3

幼い頃から、私には謎の「海藻」がありました。
海藻といえば、ワカメ、もずく、めかぶ、ひじき等、色々ありますが、その謎の海藻は誰に訊いても「海藻」としか教えてもらえず、一体なんなのよーー!!と思っていました。
しかし、その謎の海藻の正体がやっと分かったのです。

私の母は千葉の外房のある町の出身です。父は千葉出身ではありませんが、父の両親・・・・つまり私の祖父母もやはり外房の出身です。
そんなことから、外房には親戚も多く、我が家には外房文化が色濃く残っています。

千葉県の外房ではお正月料理として、よく「海藻寄せ」なるものを食べます。
先ほどの謎の海藻を煮詰めて型に入れ、冷蔵庫で冷やし、青海苔や鰹節、しょうゆ等をかけて食べます。
私はあまり好きではないのですが、我が家では皆大好き。お正月には親戚の家でも、どこへ行っても、これが出てきます。

この海藻・・・・なぜ「謎」なのかといえば、不思議なことにまさに「海藻」または「本海藻」という名で売られているからなのです。
外房で「海藻」といえば、これしかないのか?と思えるほど、お店に行って「海藻」と言えば通じます。
父や母、親戚中に訊いても、誰もこの海藻の本当の名前を知らず、何の疑問も持たずに「海藻」と呼び、本当に「海藻という名の海藻なのか??」と疑ったこともありました。でも、そんなわけはありません。ちゃんとした名前があったのです。

先日、白里海岸を望む「サンライズ九十九里」という国民宿舎を訪れました。
ここのお土産屋さんに海藻コーナーが設けられており、ワカメやめかぶ、海苔、ひじきが並んでいました。例の「海藻」もパッケージのラベルにやはり「本海藻」と書かれて、一緒に並べられています。
海藻コーナーに「本海藻」として置かれていたら、他の海藻の立場は??なんて思いながら、何気なくそのパッケージを手にとりました。すると「本海藻」というラベルの下にシールが貼られ、「海藻の作り方」と書かれています。あのお正月料理の海藻寄せの作り方です!
何と料理の名前まで「海藻」と言うのですか!?
海藻という名の海藻で海藻を作る・・・・何のこっちゃ??
もうわけが分からなくなってきました。

そして、今度はパッケージの裏を見てみました。
そこに、遂に私の知りたかった答えが書かれていたのです。容量や製造年月日などが書かれたラベルです!
商品名「本海藻」、原材料「長又」。
長又・・・・これに違いありません!
この名前を忘れないようにし、家に帰ってきてから、「長又」について調べてみることにしました。

長又(ながまた)
波の荒い岩場に生育する紅藻類の角又の一種で、学名「ことじつのまた」という海藻。
千葉県北東部の地域で、昔から正月料理の海藻こんにゃくとして食べられてる。
食べ過ぎ、飲み過ぎの胃腸に良い云われ、長く続けると便秘改善、血圧の安定にも効果がある。

・・・・だそうです。
長年の謎だった海藻の正体。遂に分かって、すっきりしました!
それにしても、どうして「長又」として売っていないのでしょう?もっと、自己主張すればいいのに。



本海藻 <長又>

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
謎の海藻だったんですね。
私はそんなお料理があることさえ知りませんでした〜。
確かに、他の海藻の立場は?
って思いますよね…。
でもすっきりした気分ですね!
うーさま
URL
2006/06/28 12:32
海藻の正体がわかったのですね!
私もすっきりしました!!
でも、相変わらず、海藻って言ってしまいそうですが。。。それにしても地元の人でもわかってないって、おかしいですよね〜。(^^)
snowwhite
2006/06/28 21:53
>うーさまさん
ホント、すっきりしました〜。(^^)
海藻寄せは、この地方独特の料理だと思います。千葉の人でも、外房以外ではほとんど知られていません。
長又そのものも、東京ではなかなか手に入らないので、千葉に行った時についでに買ってくるか、母の実家から送ってもらうかしています。

>snowwhiteさん
そう、「長又」というのですよ。
母に言ったら、「はじめて聞いたわ」なんて言っていました。
ホント、一体どういうことなんでしょうね。

2006/06/28 23:05
「海藻」の正体 翠の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる