翠の独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 爆笑!『ブラックコメディ』

<<   作成日時 : 2006/07/01 23:21   >>

トラックバック 0 / コメント 0

自由劇場で上演中の劇団四季の舞台『ブラックコメディ』を見てきました!
『鹿鳴館』以来、久々のストレートプレイです。

四季作品でストレートプレイというと、真面目で動きの少ないものが多く、睡魔に襲われることもしばしば・・・・。(汗)
今回はチケット獲得に頑張り過ぎて、何と最前列をGETしていました。自由劇場は舞台と観客席が近いことでも有名ですが、ホントに手が届くかと思えるような近さにテンションも上がります。これで睡魔に襲われたら、あまりに俳優さんたちに失礼ですよね。
やや心配しつつ、席につきました。

『ブラックコメディ』は四季のレパートリーの一つらしいのですが、上演されるのは36年ぶりのこと。もちろん私が見るのは初めてです。
作者はピーター・シェーファー。映画にもなった『アマデウス』の作者だと言えば、「あぁ!」と思う方も多いでしょう。
と言っても『ブラックコメディ』は『アマデウス』のようにシリアスでもミステリアスでもありません。笑いの連続!コメディ以外の何ものでもなく、それはもうコントのような面白さ!!
睡魔が・・・・なんて心配することは全くありません。ずっと、笑ってばかりいました。それもクスクス笑いではなく、「爆笑」の域に達していました。
さすが、ストレートプレイ版『クレイジー・フォー・ユー』と例えられるだけあります。内容は全然違いますけどね。(笑)

『ブラックコメディ』には、今シーズンの『クレイジー・フォー・ユー』の前半で活躍していた栗原英雄さんと八重沢真美さんがキャスティングされていました。CFYから姿を消した時は、どこへ行ったのだろう??と思っていましたが、『ブラックコメディ』の稽古に入っていたのでしょう。これで納得ができました。
それにしても、栗原さん・・・・しばらく全然、気付くことができませんでした!
だって、ゲイの役なのです。それはもうゲイにしか見えない見事な変身ぶりで、CFYのザングラーと同一人物には思えません。あまりにハマっていて、びっくりしました〜。

この作品は、幕が上がると、いきなり舞台が暗いので驚きます。その暗さは俳優の顔も判別できないほどです。しかし、舞台では何事もないように、普通に物語が進行していきます。
ところがまもなく、作品の中では停電が起こり、それと同時に舞台は眩しいくらいにパッと明るくなります。
そこからが爆笑の連続です。舞台は明るいけれど、登場人物は皆、手探り状態。暗闇の中で起きる行き違い、勘違い・・・・。でも、観客には明るい状態で見せるのです。たまに、マッチやライターの光で作品の中に明るさが戻ることがあるのですが、その時はまた舞台上は暗くなります。この明暗逆転の演出はこれまでに見たことのないもので、非常に面白く感じられました。

停電中の俳優さんたちの動きが何とも面白く、一人の動きに釘付けになるあまり、他の俳優さんが言っているセリフを全然聞いていない・・・・なんていうこともあり、もったいないことをしました。
う〜ん・・・・もう1回、見たいかも。(^^;

<あらすじ>
無名の若手彫刻家ブリンズリー・ミラーは、客人を迎えるため、フィアンセのキャロルと共に部屋を飾り立てていた。上等な家具、数々の骨董品・・・・。
ところがこれらは、現在旅行中で古美術品の収集家である隣人ハロルド・ゴリンジの部屋から無断で拝借したものだった。
迎える客は二人。一人は億万長者のゲオルク・バンベルガー。美術収集家で、ブリンズリーの作品を見に来ることになっている。バンベルガーのお眼鏡に適えば、富も名声も手に入れることができる。
もう一人はキャロルの父メルケット大佐。娘のフィアンセとして、ブリンズリーが相応しい男なのか値踏みするためにやってくるのだ。
ブリンズリーにとっては一世一代の大舞台になるはずだった・・・・。
ところが、突然部屋は真っ暗に!
そんな中、隣人が予定を変更して帰宅。上階の老婦人も暗闇の恐怖からブリンズリーの部屋を訪れ、ブリンズリーのかつての恋人クレアまで現れる。
パニックがパニックを呼び、窮地に陥るブリンズリー。果たして、彼の運命は・・・・?

とにかく面白い!私の友人はその面白さを「ヤバイ」と言いました。
この作品は休憩なしの1時間25分。短いので、気軽に見られるのも嬉しいですね♪
『ブラックコメディ』は自由劇場で7月23日(日)まで上演されています。
これはオススメ!機会があったら、是非劇場に足を運んでみてください。(^^)


アマデウス ― ディレクターズカット スペシャル・エディション
アマデウス ― ディレクターズカット スペシャル・エディション [DVD]

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

爆笑!『ブラックコメディ』 翠の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる