翠の独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 『エビータ』

<<   作成日時 : 2006/09/02 22:58   >>

トラックバック 0 / コメント 2

約1年半ぶりに劇団四季のミュージカル『エビータ』を見てきました。
実は私、ロイド=ウェーバーの作品では、この『エビータ』が一番好きです。

ロイド=ウェーバーといえば、『オペラ座の怪人』や『キャッツ』をすぐに思い浮かべる方が多いと思いますが、私の場合は何故か『エビータ』なのです。
初めて見たのはマドンナが演じた映画版だったのですが、その音楽に感動しました。また、エバ・ペロンという女性の生きざまがいかにもドラマで、これが実在した人物の話ということで、さらに衝撃を受けたものです。
ロイド=ウェーバー作品というと、曖昧で、人によって解釈が分かれる作品が多いように思えます。しかし、『エビータ』は単純明快!
貧しい片田舎で私生児として生まれた女性が、利用できる男性を次々に踏み台として、のし上がり、遂には大統領夫人にまでなる・・・・というお話。
彼女の生き方に嫌悪感を覚える人もいると思いますが、やり方があまりに徹底しているので、私には逆にカッコ良く映りました。
この作品の中で特に私が好きなのは、エバとペロンが出会う「チャリティ・コンサート」の曲。この曲はすごくドラマティックで舞台を盛り上げます。

さて、今日の感想ですが・・・・。
エビータ役の井上智恵さんは、すっかりエビータが板についてきて、完全に自分のものにされていますね。前半ののし上がっていくサマは圧巻!後半、エビータが病魔に侵されてからの演技も痛々しく、せつなく感じられました。

チェは、おなじみの芝清道さん♪
芝さんはホント、ハマり役ですよね〜。まあ、芝さんのチェしか見たことがないので、何とも他と比較しようがないのですが。(^^ゞ
でも、あの力強い歌声は、惚れますよ〜。
ただ、オリジナル・キャスト盤CDで市村正親さんが演じるチェの歌声は聴いたことがありますが、いかにも皮肉屋っぽく、市村チェも是非見てみたかった・・・・とは思います。

マガルディの飯野おさみさん。
飯野さん、久々に見ましたよ〜。何か、昔より爽やかになったような・・・・。もっと濃かった気がするのですが。(^^;
なかなかハマっていて、良かったです♪

カーテンコールも盛り上がり、なかなか止まない拍手を収拾するために、最後に一人で登場したのは芝さん!
ここはやっぱり芝さんなんですね〜。でも、実は私もそれを期待していたので嬉しかったです。(^^)

ミュージカル『エビータ』は、四季劇場[秋]にて9月18日(月)まで上演されています。


ミュージカル“エビータ”劇団四季オリジナル・キャスト盤(スタジオ録音)
ミュージカル“エビータ”劇団四季オリジナル・キャスト盤(スタジオ録音)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
私は今回、劇団四季の‘オペラ座の怪人’を初めて観劇して素晴らしいと感じました。‘エビータ’もいつか是非観劇したいと思います。
exercise dependency
URL
2006/09/07 14:19
>exercise dependencyさん
「エビータ」は、「オペラ座の怪人」ほど大掛かりでもないし、主人公の性格的にも好き嫌いが分かれる作品だとは思いますが、私は好きです。
音楽的にはとても優れているので、一度CDだけでも聴いてみることをオススメします。機会があれば、是非観劇も!(^^)

2006/09/07 23:50
『エビータ』 翠の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる