翠の独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS ゴルフなんて大嫌い!?

<<   作成日時 : 2006/10/15 23:54   >>

トラックバック 0 / コメント 6

このタイトル。決して私の心情を綴ったわけではありません。
まあ、プレー中、ミスショットを繰り返すと腐って、そんなことを口走ることもありますが、それでもやめられないのがゴルフ。ゴルフの不思議さです。
このタイトルは、まさにそんなゴルフを描いたミュージカルのサブタイトルなのです。
渋谷のPARCO劇場で上演中の『GOLF THE MUSICAL 〜ゴルフなんて大嫌い!?〜』を観てきました〜。

特にキャストに惹かれたわけでもありませんでした。劇団四季の公演というわけでもなく、東宝系の大型ミュージカルというわけでもありません。PARCO劇場に足を踏み入れるのも初めてのことでした。
ただ、「ゴルフ」のミュージカルという一点に惹かれて観に行ったのです。
これが、と〜っても面白い!「そんなこと、あるある」とか「あ〜、分かる分かる」と頷くこともしばしば。もう笑いの連続で、こんなに笑った作品は久しぶりでした。

この作品の基はオフ・ブロードウェイで上演されたミュージカルですが、今回は、かなり日本版にアレンジされています。登場人物も全て日本人の名前で、設定としては接待ゴルフ!接待ゴルフとは、バブル期にはアメリカの雑誌に日本のゴルフ事情として「Settai-Golf」と綴られて紹介されたほど、日本独特のものです。
登場人物はたったの5人。プレーする一組を構成する4人とキャディさんです。
健康食品会社の次期社長と目される御曹司、そんな彼を「社長!」とヨイショしつつ接待する某会社営業の男女、そして新商品のコピーを担当したいと思っているコピーライター、そして無愛想だけれども妙に観察眼が鋭く的確なアドバイスをするキャディ。

それぞれの配役は以下の通りです。
コピーライターのワッキー(脇田 優) ・・・・ 川平 慈英
キャディさん(糸満 ルリ) ・・・・ 高橋 由美子
健康食品会社の御曹司・カラクサギさん(唐草木 剛) ・・・・ 池田 成志
営業のサカシタちゃん(坂下 美紀) ・・・・ 堀内 敬子
営業のクロちゃん(黒住 和彦) ・・・・ 相島 一之

それぞれのゴルフ歴としては、ワッキーは今回がコースデビュー、御曹司はハンデ11でシングルになれないことを不満に感じている上級者、サカシタちゃんはゴルフ歴は浅いけれど、なかなかセンスがあるようで、ナイスショットを連発しています。そしてクロちゃんはゴルフ歴は長いものの、だいぶ下手・・・・でも「営業向きゴルフ」とも言われています。

ゴルフはメンタルなスポーツと言われていますが、この作品ではクロちゃんこと黒住によく反映されています。実はサカシタちゃんとクロちゃんは恋愛関係にありますが、そうとは知らずに御曹司が彼女をくどくものだから、クロちゃんとしてはもうゴルフどころじゃなくなってしまいます。ただでさえ下手なところ、輪をかけて大叩きしてしまうんですね〜。(笑)
コースデビューのワッキーは運動神経には自信があったのに、空振りを連発して「ゴルフは向いていない」と落ち込む一方。これもデビューにはありがちですね。
サカシタちゃんは打つ前に必ず「良いショットが出ますように」と跪いてゴルフの神様にお祈りしています。まあ、これはやり過ぎだとは思いますが、私もティーショットの時などは「神様、仏様・・・・」と呟きながら打つことはよくあります。(^^ゞ

谷越えの緊張感や、入れたくないと思っているのに何故か吸い込まれるように入ってしまうバンカー、後ろの組が迫ってきた時の焦りなど、ミュージカルナンバーにのせて綴られていきます。
上級者の御曹司も大叩きしてしまうホールがあって、腐ったりする場面もありますが、18ホールをまわり終えた時、全員が「ゴルフって楽しい」「明日もゴルフ行こう!」と歌うのです。
最後のナンバーのところでは、私も明日にでもゴルフに行きたくなってしまいました。(^^ゞ

ただ、この作品で気になる点もいくつかありました。
例えば、ナイスショットの場面でも、「そのフォームでナイスショットはでないでしょ」と思ってしまったり・・・・。そこで、パンフレットを読んでみたら、出演者のほとんどの方がゴルフ初心者でした。それって、どうなんでしょう??(汗)
まあ、私の場合「フォームだけは綺麗だよね〜」とか「フォームだけ見たら上手そうに見えるのに、なんで??」なんて言われたりしているので、フォーム=正確なショット・・・・ではないということは分かっているんですけどね。(^^ゞ

今年はすっかり観劇年間になってしまい、ゴルフには全然行っていません。春に箱根に行ったきりでしょうか。だって、ゴルフに誘われた時は既に半年先の土日まで埋まっているんですもの〜。
私の場合、その年その年で、ゴルフ年間であったり、乗馬年間であったり、色々変動しています。乗馬で何か検定など目標がある時は集中的に乗馬クラブに通うので乗馬年間になってしまいますし、贔屓の俳優さんが出演する公演が東京でたくさんある時は観劇年間になってしまいます。どうやらどちらでもない時がゴルフ年間になるようです。
今年は最初から観劇年間になることは分かっていました。山口祐一郎さん出演の舞台があまりにあり過ぎるし、久々に『クレイジー・フォー・ユー』が東京に帰ってきたりしましたからね〜。宝塚がレパートリーに加わってしまったのは予定外でしたけど。(汗)
来年はもう少し、ゴルフに行けるかなぁ・・・・と思っています。

でも、その前に今年はまだ今年最大のイベントになるであろうサイパンでのゴルフが控えています。
ハッと気付けば、既に一ヶ月をきっているではありませんか〜。
練習行こうっと。

追記
この舞台の伴奏はエレクトーンとパーカッションで行われていましたが、演奏者は舞台上にいて、演出の一部になっていました。
そして、そのパーカッションを担当していたは長谷川友紀さんです!
この方、『ミー&マイガール』を観た時、指揮の塩田さん同様、とても印象に残っていたので、舞台上で発見した時、すぐに分かりました。
今回もノリノリで、器用な演奏を披露していました〜♪
ちなみに、パンフレットには写真付きでプロフィール紹介されていて、ちょっとビックリ!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
翠さんのブログのタイトルを見て思わずどきっとしていまいました。年間50回以上のラウンドを5年しながら、この1年間全くクラブを握っていない私には衝撃的でした(汗)。
ゴルフを題材にしたミュージカルも面白そうですね。私は昨日「コーラスライン」を観て、満足しました。やはり観劇は東京が良いですね。ただゴルフは地方の方が良いですよ。移動が楽ですから(笑)。
exercise dependency
URL
2006/10/16 14:40
>exercise dependencyさん
年間50回以上って、ほぼ毎週ということですよね!?スゴイ!!
そんなにラウンドしていた方が、パッタリと辞められるものなのでしょうか?何か嫌いになってしまうようなことがあったのですか??

東京は確かに観劇環境は良いと思いますが、作品が溢れすぎていて、いかに絞り込むか悩まされます。贅沢な悩みですけど。(^^ゞ
「コーラスライン」の感想、楽しみにしています。(^^)

2006/10/16 23:23
ゴルフに関しては、これだけラウンドしてもハンデが変わらないからマラソンに転向しました(汗)。その方が合っているようです。
「コーラスライン」良かったです。東京では舞台が多く上演されていて、取捨選択に苦労するとは羨ましい限りです。
exercise dependency
URL
2006/10/17 15:00
>exercise dependencyさん
マラソンは昔からやっていたわけではないのですね。でも、ゴルフもそんなにやっていらしたのに、もうやらないとはもったいない気がしますね。

宝塚作品は東京でも観ることができますが、宝塚ファンの方ならばやはり関西のほうが良いのでは?劇団四季の「アイーダ」もいまだに東京に上陸してくれません。(>_<)
最近は必ずしも東京集中というわけでもなくなってきていますね。

2006/10/17 22:28
うわぁ、これもすごーく観たかった作品なんです!
レポありがとうございます☆
動画などを見ても楽しそうですよね…。

翠さまの最近の記事にはゴルフがないような気がしていたのですが、
やはり集中年間があるのですね。
練習、頑張ってくださいね。
うーさま
URL
2006/10/17 23:51
>うーさまさん
とても楽しい舞台でした。(^^)
相島さん出演の舞台は初めて見たのですが、背が高くて驚きました。TVではそれほど大きいとは感じられなかったので・・・・。
ゴルフはホント、すっかりお休みモードですね。(^^ゞ
久々のゴルフ、頑張ります♪

2006/10/18 18:35
ゴルフなんて大嫌い!? 翠の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる