翠の独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS シマウマには乗れるのか?

<<   作成日時 : 2006/10/11 23:51   >>

トラックバック 0 / コメント 2

家に帰ってくると、ディープインパクト引退のニュースにビックリ!
あまりに突然のことで、ショックから立ち直れません。来年の凱旋門賞にも挑戦してくれると思っていたのに・・・・。残念です。

10月は人事異動のシーズン。今日は会社で歓送迎会がありました。
飲み会の席で、私に決まって振られるのは馬ネタです。乗馬をやっている人間って、そんなに珍しいですかねぇ?
さて、今日振られたのは「シマウマって乗れないって聞いたんだけど、それホント?なんで??」という話。シマウマって・・・・。それを私に訊きますか?_| ̄|○
でも、これに関しては少し知識があったので回答しました。

結果から言えば、乗ることはできません。もちろん皆無とは言いませんが、基本的にシマウマは、そのように馴らされていないし、乗れるように調教するのも困難だからです。

そもそもシマウマはアフリカのサバンナに生きる野性動物。常にライオンやハイエナなどの猛獣に狙われています。ディズニーの「ライオンキング」の中でも、シマウマはライオンのご馳走として扱われていますね。
ライオンはシマウマを見つけると50mほどの距離から時速64kmの速さで襲ってきます。それに対し、シマウマは最高速度で走っても時速45km。ライオンが迫ってくるのに気付いたら、すぐに走り出さないと捕まってしまいます。
このようなことから、シマウマは本能として、ちょっとした物音でも走り出す習性があるのです。
シマウマは背中にワラ1本がついていても暴走すると言われています。そんなシマウマに乗用として鞍を置こうなんて・・・・どれほど大変なことでしょう。

ところが驚くべきことにそれをやってのけた映画があります。昨年春に公開された映画で『レーシング・ストライプス』という作品です。実は、上記の知識もこの映画を見た時に得たものだったりします。(^^ゞ
この映画は、ケンタッキーの競馬場近くの農場で育ったストライプスが、自分を「馬」だと信じ、競走馬に憧れ、ポニーやヤギ、ニワトリなどの農場の仲間たちに支えられながら、レース出場を目指す、心温まる物語。あのコブタの『ベイブ』のスタッフが再集結して、製作されました。

そんなのありえないでしょう!という連続で、子供向けなところもあるのですが、この映画で最大に凄いと思えるのはシマウマをゲートに入れるシーン。サラブレッドでもゲートに立たせるのは難しいと言われているのに、広大なサバンナ育ちのシマウマが狭いところに入るのは最も苦手とするところ。しかも、金属音があったり、他の馬が隣にいたりするのですから、演じたシマウマにとってはどれほどのストレスだったことでしょう!
実際、シマウマの調教は長くかかり、撮影に入ってからも、色々大変だったようです。

う〜ん・・・・こんな話をしていたら、久しぶりに『レーシング・ストライプス』が見たくなってきてしまいました。
週末にでもDVDを借りてこようかなぁ。


レーシング・ストライプス
レーシング・ストライプス [DVD]

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
シマウマって乗れないんですねぇ。
新たな発見に
『へぇ〜』ボタンを押したい気分です。

ディープ引退も衝撃的でしたね。
やっぱり、日本最強馬という印象で、
引退したいんでしょうねぇ・・・。
てるひ
2006/10/15 20:19
>てるひさん
私も『レーシング・ストライプス』を見るまで・・・・というか、この映画のパンフレットを読むまではシマウマに乗れないことは知りませんでした。
とても可愛い映画なんですよ〜。(^^)

ディープの引退はホント衝撃でした。でも、業界では色々な思惑があるのでしょうね。

2006/10/15 22:12
シマウマには乗れるのか? 翠の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる