翠の独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 『オクラホマ!』 10/8(日)ソワレ

<<   作成日時 : 2006/10/12 23:59   >>

トラックバック 0 / コメント 4

今月は私にとって、今年最大の怒濤の観劇月間!何故、こんなにも興味深い舞台が10月に集中しているのか、カレンダーと睨めっこしながら、恨み言の一つや二つも言いたくなりました。
でも、その原因として、今年春の「ベルばら」に端を発する宝塚観劇デビューが大きく影響していることは間違いありません。だって、今月観る舞台で宝塚ものは2作品あるのですから!
今回はそのうちの1作品、『オクラホマ!』のレポートです。

ミュージカル『オクラホマ!』は、『王様と私』や『サウンド・オブ・ミュージック』などで有名なロジャース&ハマースタイン2世の名コンビが最初に創り上げた作品で、ブロードウェイ初演は1943年のこと。1955年には映画も製作されました。
とても興味のある作品で、ずっと映画版のDVD or ビデオをレンタル店に行っては探していたのですが見つからず、買ってしまおうかなぁ・・・・と思ったり、でもハズレだったら嫌だなぁ、なんて思ったり、いろいろ悩んでいました。
そんな時に『オクラホマ!』が日生劇場で上演されるというではありませんか!これは観に行かなくては〜!!と思ったものの、「宝塚月組公演」とあり、一瞬怯みました。

宝塚に対して、偏見と拒否反応があったかつての私であれば、いくら観たい作品とはいえ、その時点で断念していたと思います。ところが宝塚への抵抗がなくなった今、何を迷うことがありましょう。結局、チケットを取ってしまいました。(^^ゞ

今回は「月組公演」となっているものの、主演は専科の轟悠さんでした。また、これまでに観た『ベルばら』や『ファントム』に比べて、地味〜な印象。そもそも、カウボーイの話なので、宮廷も貴族もない・・・・ということもあると思いますが、専用劇場じゃないというのも影響しているのかもしれません。
でも、その分、あまり「宝塚作品」というのを意識せず、純粋にお芝居として楽しむことができました。

主役のカーリーを演じた轟悠さんは、普通に役者さんとして、とても上手い人だと思います。カウボーイとしてはちょっと洗練されすぎている気もしましたが・・・・。プロフィールを読んでみると、数々の賞を受賞しており、驚くと同時に納得もしました。
ヒロインのローリーは城咲あいさん。何度かセリフを言い直すのが気になりましたが、可愛らしく、将来性を感じさせてくれます。
カーリーと張り合うジャッド・フライは霧矢大夢さん。無言の演技・・・・みたいなところが必要とされる役を見事に演じていました。
エラー叔母さんを演じていた越乃リュウさん。この方、元々男役なのでしょうか?声だけ聞いていると、男役としか思えなかったのですが・・・・。でも、このちょっとドスのきいた叔母さんが統率力を発揮して、舞台全体をまとめていたようにも感じられました。

この作品は、全体としては明るく陽気な雰囲気ですが、ジャッド・フライの存在が暗い影を投げかけます。
ジャッド・フライは確かに陰気で、あまり好かれるタイプではありませんが、それにしても、彼に対する周囲の態度はあんまりでは?特にカーリーがジャッド・フライを揶揄する歌は酷過ぎます。
また、1幕の後半はダラダラした感じがして、ちょっと退屈してしまいました。
でも2幕になると、話はどんどん展開し、目が離せなくなりました。

いよいよラストを迎えると、やっぱりジャッドって、そういう扱いなのね・・・・と個人的にはジャッドへの同情が強く、納得できないまま、フィナーレに突入してしまいました。
私はこの作品の陽気さを素直に受け入れることができなかったのです。

『オクラホマ!』という作品は、いかにもアメリカっぽく、音楽もダンスも良かったけれど、ストーリーとしては、あまり好きじゃないかも。
う〜ん・・・・もう映画版はいいかな。(^^;

追記
この作品はオーケストラは舞台奥で演奏しています。
指揮者の方の後ろ姿が見覚えのある弾けた指揮っぷりで、まさか・・・・!と思いましたが、カーテンコールで正面を向いた時にやっぱり・・・・でした。(^^ゞ
そう!『ミー&マイガール』で楽しげな指揮をしていた塩田さんです!
ミーマイはオーケストラを巻き込んでの演出なので、塩田さんの弾けた指揮もあの作品に限ってのことだと思っていましたが、そうではないのですね。(^^;


オクラホマ!
オクラホマ! [DVD]

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
「オクラホマ!」を観られたのですね。私はもともとその観劇のために東京遠征を計画したのですが、レースに出るために観られなくなり、前日の「コーラスライン」の観劇がメインとなりました。翠さんが少しずつ宝塚にはまっていくように、私は劇団四季にはまっていくかもしれません(笑)。
exercise dependency
URL
2006/10/13 13:04
>exercise dependencyさん
東京まで足を運んでいながら『オクラホマ!』の鑑賞は断念とは、ちょっと残念な気がしますね。
『コーラスライン』はいかがでしたか?
私も宝塚は観る度に新たな魅力を発見しています。今後も興味のある作品は観ていきたいと思っています。(^^)

2006/10/14 01:22
確かにトドさんはカウボーイには見えにくい気がしますね(^^ゞ
なんだかこのままだと観劇できないまま終わってしまいそうです…(>_<)
ストーリーはイマイチ、とのことなのですね〜。

ちなみに越乃リュウさんは確かに男役です。
うーさま
URL
2006/10/14 21:24
>うーさまさん
まだお忙しいんですね〜。『オクラホマ!』はご覧にならないのですか?
名作と言われている作品ですし、基本的には楽しいミュージカルだと思います。でも、ちょっとご都合主義というか、納得のいかないところもあるんですよね〜。

越乃リュウさんはやっぱりそうですか!
スッキリしました〜。ありがとうございます。

2006/10/14 23:15
『オクラホマ!』 10/8(日)ソワレ 翠の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる