翠の独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS いつかチャレンジしたかったのに(>_<)

<<   作成日時 : 2007/09/06 23:59   >>

トラックバック 0 / コメント 2

忙しい最中に強引に夏休みをとって北海道に遊びに行ってしまったため、今週はそのツケが回ってきたと申しましょうか・・・・だいぶ大変なことになっています。(^^;
そのためブログの更新も疎かになっているし、メインサイトのほうにも北海道外乗記がアップできないでいます。そういえば、モンゴルに行った時も、レポをアップするまで、1ヶ月かかったんだっけ。今回もそのくらいかかるかなぁ。まあ、記憶が薄れないうちに、何とかしたいと思っています。(^^ゞ

さて、メインサイトのメンテナンス中、外乗施設紹介ページで、リンク切れがないか久々にチェックしていると「ホースマン・ファーム・朝霧」のリンクが切れていることに気付きました。あれ?と思い、調べてみると、何と今年の5月に閉鎖になったというではありませんか!
これは、かなりショック・・・・。
というのも、この施設は、私がもっと上手くなったら、自分の実力を試すために、是非ともチャレンジしたいと思っていたところだからです。
朝霧のことを知ったのは2年半くらい前のこと。その当時、このブログにも朝霧に関する記事を書きましたが、自分には絶対無理!と思っていたし、今でも太刀打ちできるところではないと思っていました。
でも、いつかは・・・・という思いがあり、目標でもあったのに・・・・。残念です。

朝霧は、私が所属する乗馬クラブのベテラン勢がチャレンジして泣きながら帰ってきたという伝説的な場所。
多くの外乗施設は、馬に乗ったことがない人向けの観光外乗を行っていますが、朝霧ではそういうことは行っていませんでした。
だいぶ乗馬人口も増えてきたとはいえ、やはり上級者専門の外乗施設というのは、日本では、まだ難しかったのかなぁ。かなり正確な技術が求められ、「障害が飛べるからとか、1000鞍、2000鞍の経験もあてにならない」とまで言われていましたからねぇ。

しかし、朝霧が提唱していたことは尤もなことばかりでした。なかなか出来ないので耳の痛いことばかりでもありましたが・・・・。(^^ゞ

以前、朝霧のHPに掲載されていた以下の文章がとても印象的でした。

「がに股スタイル、踵で馬体を抱え込んで腰掛乗り」をしておられるライダーの方、「イージーライダー」よろしくふんぞり返った乗馬スタイルで速足をすると、ポンポンと跳ねる、馬の背中に衝撃を与えるライダー、馬に「前へ進め!」と合図を出しながら、手綱で「そんなに早く行くな!」と言って手綱にぶら下がっているライダーの方、馬達はトレーナーに教えられたように「扶助と言う記憶」に従って、では「どーすればよろしいの?」と迷った挙句 前のめりになって頸を巻き込んでしまったり、顔を高く上げて「イヤイヤ!」をすることになってしまいます。これは正に「虐待」と言う事です。

さらに

「ご自分のクラブでの日頃の馬場の練習を疎かにせず、少なくともその日の乗馬が思うように行かない言い訳を『馬のせいに・・・』しないだけの謙虚さと騎乗技術のスキルアップに努めていただきたいと思っております」

とありました。

もうここでの実力試しをすることはできませんが、これらのことを肝に銘じて、今後も練習に励んでいきたいと思います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
すごい強気な乗馬クラブだね〜きっと馬のことをよ〜く知っているから、馬に対してかわいそうな乗り方をする人をゆるせないと思ったのかなあ?私も乗馬がうまくいかない言い訳を馬のせいにしているような人ってやっぱり許せないな…耳が痛い反面、同感だよ
えっちゃん
2007/09/07 23:46
>えっちゃん
このクラブの理念は賞賛すべきところですが、やっぱりそれを貫くのは難しかったのかなぁ・・・と思います。
一度は行ってみたいと思っていたので、閉鎖されたのは残念です。(>_<)

2007/09/08 00:59
いつかチャレンジしたかったのに(>_<) 翠の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる