翠の独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 安易な約束はするべきではない?

<<   作成日時 : 2007/11/15 23:59   >>

トラックバック 0 / コメント 4

先月、情報処理技術者試験がありました。
職場で私についている新人のK君・・・・その試験の中の基本情報技術者試験に挑みました。

試験の1週間前・・・・K君は全く自信がなさそうで、「ダメだ〜」発言を連発していました。
そこで、私はK君へのエールの意味を込めて、「合格したら叙々苑の焼肉をおごってあげる!」と約束しました。別に口から出まかせ・・・・というわけではなく、受かったら本当にご馳走してあげるつもりでした。まあ、内心「どうせ無理だろう」という思いもなきにしもあらず・・・・でしたが。(^^;

K君は「今さら、そんなこと言わないでくださいよ〜」と恨みがましく言っていましたが、それでも何とか奮起して、最後の1週間、追い込みをかけたのです。

そして、試験翌日・・・・会社に現れたK君はあまり元気がありません。
解答速報で自己採点してみたところ、恐らく合格には1、2問足りていないだろうとのことでした。
しかし、それはあくまで自己採点の結果。今回の試験の合格ラインがどうなるかも分かりませんし、私は「もしかしたらギリギリで受かっているかもよ」と言いました。
それでも、「う〜ん、やっぱり叙々苑はないかな?」と、どこかホッとしている自分もいたりして・・・・。
やがて、私の中では、残念会企画をどうするか・・・・という方向に思考が傾いていきました。(^^ゞ

K君本人も私も、ダメだろうと思っていた試験の結果。
昨日、合格発表がありました。
今朝、会社に現れたK君は「受かってました〜!」と、自分でも意外な結果に大喜び。
私も嬉しくなり、「おめでとう、良かったね〜!」と心からお祝いの言葉を言いました。
しかし、次の瞬間、私の頭をよぎったのは、あの約束・・・・「あっ、叙々苑」でした。

ここで約束を反故にして、口先だけの先輩と思われるのも悔しいしなぁ。
私は苦笑いしつつ、「N君と都合のいい日を決めて」と言いました。
N君は、やはり今年の新人で、別の職場にいるもののK君とは非常に仲が良く、最初に「叙々苑、連れて行ってあげる!」と約束した時、「N君も連れてきていいよ」と言ってしまったのです。
K君もちゃっかりしているというか、既に昨日のうちからN君とは相談を始めていたようです。

若い新人君たちのこと・・・・一体どれだけ食べるんだ?とやや不安を覚えつつも、游玄亭や六歌仙と言わなかっただけましか・・・・とも思ったりして。(^^;

お祝いしてあげたい気持ちは本当なので、まあ、いいか。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
翠ちゃん、ほんといい先輩だね。
きっと後輩たちは大喜び〜だよ!
お財布はちょっと痛いかもしれないけどね^^;
なおどん
2007/11/16 12:22
>なおどん
新人なのに、辛い仕事を色々させてしまっているので、ちょっと罪滅ぼしの気持ちもあったりします。(^^;
お財布は・・・・まあ、ボーナスも近いしね。

2007/11/16 23:41
翠さんはかなり太っ腹ですね(笑)。私の場合、下の研修医はたまに飲みにつれていってますが、看護師さんは誘えません。何しろ人数が多すぎて一人では難しいですね(汗)。
exercise dependency
URL
2007/11/17 09:19
>exercise dependencyさん
いや・・・・私も軽々しく約束してしまったことを一瞬後悔しましたよ。(^^ゞ
でも、私も新人の時に先輩から同じことをしてもらい、しかもその当時の先輩の年齢が今の私と同じだったことを考えると、そのくらいのことはしなければいけないかなぁ・・・・と思いなおしました。
と言っても、やっぱり大変なんですけどね。(汗)

2007/11/18 02:06
安易な約束はするべきではない? 翠の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる