翠の独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 馬学講座

<<   作成日時 : 2007/12/01 23:59   >>

トラックバック 0 / コメント 4

今日はやっと、乗馬のレッスンに復帰しました。約1ヶ月半ぶりの騎乗です。
1鞍しか乗っていませんが、バテバテでした。(^^;
まあ、詳細はまた、改めてメインサイトのほうにアップしたいと思います。

さて、午前中、乗馬のレッスンに行き、夕方からは、乗馬仲間と馬学講座に参加してきました〜。
これは関東装蹄師会により開催されたもので、講師は「2004年度の国際ウマ専門獣医師」の殿堂入りを果たした青木修先生でした。

関東装蹄師会による馬学講座は毎年この時期に開催されているようで、今年で11回目です。
私は初めての参加でした。

今回のテーマは「馬の弱点を知ろう 〜生体力学からみたアシのリスクとは〜」。
馬の肢に関するリスクはもちろん、背骨のリスク等も語られ、騎乗においても、手入れにおいても初めて知るような注意すべき点が分かり、目から鱗状態でした。
とても有意義な時間を過ごすことができました。

また、会場で、思いがけずM指導員にお会いしました。私が所属する乗馬クラブを9月に退職された、あのM指導員です。
とてもお元気そうで、最近の近況なども伺うことができて嬉しかったです♪

この馬学講座・・・・来年も是非参加したいものです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
遠かったけど面白かったよね!先生の話し方も飽きさせないし、これからは毎年行きたいもんです。
今日、養老牧場へ行ったので蹄に注目してみたらやっぱり傾き方とかはクラブの馬とは全然違ってたよ。
日本でトップクラスの装蹄師さんで、日本の装蹄は世界でもトップクラスらしいので、昨日は世界トップクラスの装蹄師さんのお話を聞けたことになるようです!すんばらしい!
ちか
2007/12/02 23:46
>ちかちゃん
誘ってくれてありがとう!
とても有意義なお話をきくことができて良かったです。
私も今度クラブに行った時は、馬の蹄や背中をじ〜っと見ちゃうと思います・・・・。(^^ゞ

2007/12/03 00:38
馬学、思っていた以上に勉強になりました。
乗ることが虐待…、耳が痛かったです^^;
翌日、早速狭山にいったのですが、えっちゃんと2人で蹄じーっと見ました。素人目にはきれいに手入れされてるな〜って感じでした。
乗った後のお手入れもちゃんとしてあげなきゃーだね。
なおどん
2007/12/04 12:18
>なおどん
乗ることが虐待・・・・は辛いよね。(汗)
まあ、なるべく負担にならないよう、上手くつきあっていくしかないのでしょう。
勉強にはなったよね〜。

2007/12/04 23:56
馬学講座 翠の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる