翠の独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 宝塚歌劇星組公演『赤と黒』

<<   作成日時 : 2008/04/05 22:51   >>

トラックバック 0 / コメント 6

宝塚歌劇の星組が上演中のミュージカル『赤と黒』を観てきました〜。
『赤と黒』はフランスの文豪スタンダールの長編小説で、今回のミュージカルの原作となっています。

『赤と黒』のタイトルは昔から知っていましたが、私は小説を読んだことがありません。
今回もミュージカルを観るにあたって、予習をしようかとも思いましたが、結局時間もなく、そのままの観劇となってしまいました。
私が知っていた『赤と黒』に関する知識といえば、ジュリアン・ソレルという野心家の青年が、その野心ゆえに最後には身を滅ぼす・・・・といったようなことだけ。そこから私がイメージするのは、前回の星組公演『エル・アルコン』におけるティリアンのような青年でした。

しかし、ジュリアンは、ティリアンよりも情熱的で、また脆いところもあり、ティリアンよりもずっと人間味溢れる青年でした。ティリアンよりも分かりやすいですね。
というよりも宝塚の演出が分かりやすくしていたのかもしれません。
『赤と黒』のタイトルは、今回の舞台では、赤は情熱、黒は野心として表現されていました。
しかし、このタイトルには諸説があり、ジュリアンが出世の手段として用いようとした軍人と聖職者をその服の色で象徴的に捉えた・・・・とか、ジュリアンの一か八かの出世に賭けた人生をルーレットの回転盤の色にたとえた・・・・などという説もあります。

さて、今回、宝塚が『赤と黒』を上演するのは1989年以来とのこと。当時、ジュリアンを演じていたのは涼風真世さんで、今回、ジュリアンを演じた安蘭けいさんは、涼風さんのジュリアンに感銘を受けて、それ以来、この役を演じることを熱望していたと言います。
夢が叶って良かったですね〜。

今回も安蘭さんは、カッコ良かったです♪
柚希さんの二役も、かなり違いのある役で、楽しませてもらいました。でも、コラゾフ公爵はちょっと無理をしている感じ?(笑)
柚希さん自身も、安蘭さんの恋の指南役となるのは、「逆でしょう!」と思いながら演じていたようですからね。

<キャスト>
ジュリアン・ソレル ・・・・ 安蘭 けい
レナール夫人 ・・・・ 遠野 あすか
フーケ/コラゾフ公爵 ・・・・ 柚希 礼音
レナール氏 ・・・・ 立樹 遥
ノルベール伯爵 ・・・・ 涼 紫央
ピラール校長 ・・・・ 磯野 千尋
ラ・モール侯爵 ・・・・ 萬 あきら
シェラン司祭 ・・・・ 英真 なおき
ヴァルノ氏 ・・・・ にしき 愛
クロワズノワ侯爵 ・・・・ 和 涼華
デルヴィール夫人 ・・・・ 琴 まりえ
マチルド ・・・・ 夢咲 ねね
その他

スタンダールの『赤と黒』・・・・ちょっと長いけれど、頑張って読んでみようかなぁ。

赤と黒 (上) (新潮文庫)
赤と黒 (上) (新潮文庫)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
おひさしぶりです。「赤と黒」満足されたようですね。私は例によって原作を再読しておいて観劇したのですが、原作のイメージを引き摺ってしまいました(汗)。事前に原作を読むべきかどうかは難しいところですね。
exercise dependency
URL
2008/04/06 06:44
>exercise dependencyさん
コメントありがとうございます。
原作に対して、自分なりのイメージが出来上がっている場合、舞台化や映画化などされた時、そのギャップに苦しむことは多いですよね。
「赤と黒」は大作ですし、実際に読んだら奥深い作品なのでしょうね。
今回は、私はほとんど先入観がなかったので、かなり楽しむことができました。
原作については、これから読もうと思っています。(^^)

2008/04/06 22:17
行って来たんだぁ〜・・良いなぁ(^-^)
実は、ちょっと見てみたかった舞台。
まあ、情熱的なタイトルに惹かれただけで、
原作とかは知らないけれど。
舞台でも、映画でも、見るのは好きだけど、本を読まない私です・・・f^^;
「ベルばら」のジェローデル編のは行きたかったけど、申し込み過ぎてました。
この公演お勧め!!ってあったら、教えてね♪
こいちゃん
2008/04/07 00:46
>こいちゃん
そっかぁ。こいちゃんも行きたかったのか。今度、何か一緒に観に行きましょう♪
私は「ベルばら外伝」のジェローデル編はチケット確保済です。今年はベルばら外伝が、アラン編、ベルナール編と続いていくので、ちょっと楽しみ。(^^)
あと、これからの宝塚の舞台で注目しているのは、6月の月組公演『ME AND MY GIRL』です!
宝塚版は観たことがないけれど、とっても楽しいブロードウェイ作品。かなり期待しています。

2008/04/07 12:32
ティリアンも若かったはずですが、
ジュリアンはさらに若返っていましたね〜♪
歩き方とかかわいくて…。
やっぱりトウコさん、れおんくんの学年差が大きいかもしれませんね。
これでまた成長するのでしょうけど。
うーさま
URL
2008/04/10 20:10
>うーさまさん
私も最初「とうこさん、若い!」と思ってしまいました。本当に「少年」という感じで、可愛かったですね。(笑)

2008/04/10 22:51
宝塚歌劇星組公演『赤と黒』 翠の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる