翠の独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 宝塚月組公演『ME AND MY GIRL』

<<   作成日時 : 2008/05/24 23:07   >>

トラックバック 0 / コメント 2

東京宝塚劇場で上演中のミュージカル『ME AND MY GIRL』を観てきました〜。
『ME AND MY GIRL』は大好きなミュージカルの一つですが、宝塚版を観たのは初めてです。

宝塚では過去に1987年と1995年の上演されていますが、いずれも月組による公演でした。
そして今回、13年ぶりの公演となったわけですが、これまた月組ですね〜。
この公演で、娘役トップの彩乃かなみさんは退団されます。瀬奈じゅんさんとは息の合った素敵なコンビだったので、残念です。今の宝塚では最も安定したコンビだったように思えるのですが・・・・。

さて、今回の『ME AND MY GIRL』ですが、幕があいた瞬間、真っ先に思ったのは「なんて、いっぱい人がいるんだ〜!」ということでした。(^^ゞ
東京宝塚劇場での公演を観るのは今年はじめの星組公演『エル・アルコン』以来です。あの時も80名以上の出演者がいたはずだし、それ以外にも、この劇場での公演の時はそれなりにたくさん人がいるものですが、あんなにワラワラ人がいる感覚はなかったのですが・・・・。
しかし、それだけに、明るく楽しいこのミュージカルが、さらに明るく感じられました。
1幕ラストの「ランベス・ウォーク」は圧巻でしたね〜♪
ちなみにこの曲は大好きで、2年くらい前の一時期、携帯の着メロにしていたこともあります。(笑)

<あらすじ>
1930年代後半の英国。ロンドンの由緒正しい名門貴族ヘアフォード伯爵家では、当主が亡くなり後継ぎ問題が浮上していた。
この問題を話し合う為に、親戚一同(当主の妹・マリア公爵夫人、その娘・ジャッキー、公爵夫人の甥・ジェラルド、親族のバターズビー卿、バターズビー夫人、ジャスパー・トリング卿、そして後見人の男爵・ジョン卿)が集まる。当主の遺言は、若い頃に許されない結婚をしていた当時に出来た一人息子・ビルの行方を捜し出し、彼が貴族に相応しい人間ならば全財産を継がせる事、というものだった。
しかし、見つけ出されたビルは無教養で品のないがさつな下町青年。が、紳士に仕立てるべく遺言執行人のディーン公爵夫人マリアとトレメイン卿ジョンが厳しい後継ぎ教育を施す。その過程でさまざまな難問が巻き起こり…。
さて、ビルは恋人・サリーともに困難を克服し、紳士に生まれ変わることができるか?

<キャスト>
ウィリアム・スナイブスン(ビル) ・・・・ 瀬奈 じゅん
サリー・スミス(ビルの恋人) ・・・・ 彩乃 かなみ
ジョン・トレメイン卿(遺言執行人) ・・・・ 霧矢 大夢
パーチェスター(ヘアフォード家の弁護士) ・・・・ 未沙 のえる
ディーン・マリア公爵夫人(ビルの叔母) ・・・・ 出雲 綾
ヘザーセット(ヘアフォード家の執事) ・・・・ 越乃 リュウ
ジェラルド・ボリングブローク(マリア公爵夫人の甥) ・・・・ 遼河 はるひ
ランベス・キング ・・・・ 桐生 園加
ボブ・パーキング ・・・・ 青樹 泉
ジャクリーン・カーストン(マリア公爵夫人の姪) ・・・・ 明日海 りお
ソフィア・ブライトン ・・・・ 城咲 あい
その他

瀬奈じゅんさんは、やっぱり上手いなぁ、と思いました。ユーモア溢れるビルがよくお似合いで、ご本人も本当に楽しげに演じているのが感じられました。
瀬奈さんは、これまで実力派だとは思っていましたが、個人的にはあまり思い入れはありませんでした。
しかし、今回「あさこさん、カッコいい!」と思ってしまったのです。(^^ゞ
一緒に行ったsnowwhiteさんも「やばい、惚れそう」なんて言っていましたね。(笑)

彩乃さんも可愛いサリーでした〜。
でも、やっぱり下町娘よりも、ラストで変身した彩乃さんのほうが、シックリきたのですが・・・・。
素の彩乃さんは、どちらかといえば、サリーに近いみたいですけどね。(^^)

明日海りおさんは、普段、男役をやっているとは感じさせない見事なジャッキーでした。
ただ、背が高いですからね・・・・。
城咲さんとの役替わりですから、その違いも見てみたかったのですが、残念ながら、この公演については、今日しかチケットを確保できませんでした。(TOT)

パーチェスターの未沙さんは、初演の時もこのパーチェスターを演じていたそうですが、もうパーチェスターが板についていますね。東宝版のパーチェスターよりも笑えました。

今回、久しぶりに『ME AND MY GIRL』を観て、やっぱりこの作品って、楽しくて好きだわ〜♪と思いました。
この作品はタップシーンも多いのですが、思わず、またタップを踏みたくなってしまいましたね。シューズ捨てちゃったけど。(^^;

来年、また東宝でも井上君と玲奈ちゃんのコンビで『ME AND MY GIRL』をやるみたいなので、そちらも楽しみですね!

復刻版ライブCD '95月組大劇場公演「ME AND MY GIRL」
復刻版ライブCD '95月組大劇場公演「ME AND MY GIRL」

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
今回は本当にチケット取るのが厳しかったですね。
一年のうちでは、初舞台が終わってまだやめる人が少ない、人数の多い時期かもしれませんが、
「宝塚って人海戦術だな〜」と思うことが時々あります(笑)
うーさま
URL
2008/05/26 23:48
>うーさまさん
今回の公演は彩乃さんの退団もありますが、『ME AND MY GIRL』という作品そのものも人気がありますからね。チケット確保は厳しかったですね〜。
「人海戦術」・・・・この言葉を聞いて、「確かに」と納得してしまいました。(^^ゞ

2008/05/27 00:20
宝塚月組公演『ME AND MY GIRL』 翠の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる