翠の独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 9月の観劇予定

<<   作成日時 : 2008/08/31 23:59   >>

トラックバック 0 / コメント 0

月末恒例、観劇予定の発表です。
9月はなかなか忙しいです。そして、これまで私が見てきた作品とは、ちょっと違う異色作もあったりします!

・『ZED』(シルク・ドゥ・ソレイユ)

・『スカーレット・ピンパーネル』(宝塚星組公演)

・『戸惑いの日曜日〜アパッチ砦の攻防より〜』(三谷幸喜脚本)

・『外伝ベルサイユのばら 〜アラン編〜』(宝塚花組公演)

・『双頭の鷲』(美輪明宏演出作品)

以上、5作品です。


『ZED』は、お芝居ではありませんが、とりあえず「舞台鑑賞」という意味で、ここにあげさせていただきました。
シルク・ドゥ・ソレイユは、『キダム』や『アレグリア』、最近では『ドラリオン』などで知られるケベック生まれのパフォーマンス集団。フランス語で「太陽のサーカス」を意味します。
私がこれまで『ドラリオン』しか見たことがありませんが、その公演にとても衝撃を受け、シルク・ドゥ・ソレイユの公演があったら、是非、また見に行きたい!と思っていました。
それが、今度、ディズニーリゾート内に、シルク・ドゥ・ソレイユの専用シアターができるというではありませんか!
その名も「シルク・ドゥ・ソレイユ シアター東京」!
グランド・オープンは10月1日ですが、その前にトライアウト公演が行われています。本公演とは内容が異なる可能性もありますが、いち早くシアターに足を踏み入れることができ、かつ、本公演よりも安いということもあり、お得感があります。
とても楽しみにしている公演の一つです。

『スカーレット・ピンパーネル』は、『ジキルとハイド』などで知られるフランク・ワイルドホーン氏が手がけたブロードウェイ・ミュージカル(1997年初演)で、日本では、今回が初の上演となります。
宝塚でも、歌に定評のある安蘭けいさん主演の星組による公演、かなり評判もいいみたいですよね。
日本初ということで、やはり興味を持つ方も多いのでしょうか。宝塚ファンではない方でも結構足を運んでいるようです。
私にとっては大好きな星組なだけに、より期待は大きくなってしまいます。(^^)

『戸惑いの日曜日』は、もともとは三谷幸喜さんが『アパッチ砦の攻防』として、佐藤B作さん率いる東京ヴォードヴィルショーのために書き下ろした作品。1996年に初演、その後2度の上演を経て、三谷さんが大幅加筆し、2006年にキャストも一新してスーパーバージョンとして生まれ変わりました。それが『戸惑いの日曜日』であり、今回は、その再演です。
三谷さんの脚本で、しかも、人気を博し、何度も上演されてきた作品だけに、これも期待大です!

『外伝ベルサイユのばら』は前回の雪組によるジェローデル編に続き、今度は花組によるアラン編です。
ジェローデル編で「ベルばらであってベルばらでない」と、どこか不完全燃焼に終わったことで、懲りたのかと思いきや、またも行ってしまうんですね〜。(^^;
さて、今度はどうなっていることやら・・・・。

『双頭の鷲』は私にとってはかなりの異色作!何といっても美輪さんの作品に初めて挑戦するのです!!
と言っても、私がこの作品に興味を持ったのは、特に美輪さんの作品だから・・・・というわけではなく、ジャン・コクトーによる、オーストリア・ハプスブルグ家の皇妃エリザベートをモチーフにした作品だったからです。
皇妃役を務めるのはもちろん美輪さん。ちょっとドキドキです。(笑)


スカーレット・ピンパーネル―新訳 (集英社文庫 オ 4-1)
集英社
バロネス・オルツィ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

9月の観劇予定 翠の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる