翠の独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 宝塚星組公演『スカーレット・ピンパーネル』

<<   作成日時 : 2008/09/07 23:03   >>

トラックバック 0 / コメント 2

東京宝塚劇場で上演中の星組によるミュージカル『スカーレット・ピンパーネル』を観てきました〜。
この作品の原作はバロネス・オルツィの小説『紅はこべ』。宝塚でも過去に何度か舞台化されているようですが、今回は1997年にブロードウェイでミュージカル化された作品の日本版です。

この作品・・・・とても華やかでした〜。
舞台はフランス革命後の混乱期・・・・ロベス・ピエールらによる恐怖政治の時代のフランスとイギリス。民衆の苦しみを描いたところは、『レ・ミゼラブル』を思い出させるものがありましたが、この作品の主人公は何と言ってもイギリス貴族。イギリスの貴族社会や宮廷のシーンは、フランスの民衆とは実に対照的でした。
私はイギリスは地味・・・・というイメージだったのですが、この作品ではイギリス宮廷もベルばらのフランス宮廷のような華やかさで驚きました。まあ、宝塚の演出だから・・・・ということもあるかもしれませんが。
しかし、それだけに今回はかなりコスチュームで楽しませてもらいました。(^^)
秘密組織「スカーレット・ピンパーネル」としての変装も楽しかったです♪

それにしても男役の方たち・・・・。そもそも女性なのに、男性を演じ、さらにその男役として、変装で女性を演じるというのはなかなか複雑ですね。「ごっつい女だな〜」なんて言われるところでは、何となく苦笑いしてしまいました。(^^;

この舞台では、安蘭けいさんの歌声が際立っていましたね〜。改めて、「上手い!」と感動してしまいました。
作曲のワイルドホーン氏は「歌唱力のある人にやってほしい」と言っていたそうですが、そこに安蘭さんをもってきたのは流石ですね!

今回は柚希礼音さんの見せ場もたくさんありましたね〜。
役柄は何となくレミゼのジャベールを思い出させるものがありました。
そういえば、岡幸二郎さんがご自身のブログで、もし、この作品が宝塚以外で上演されることがあったら、柚希さんが演じていたショーヴランをやりたいと名乗りをあげていましたね。確かに岡さん・・・・似合うかも。十分、岡さんのショーヴランを想像することができます。

今回は、娘役トップの遠野あすかさんの見せ場もかなりありますね。
これまでの作品は、何となく娘役が埋もれてしまうような作品が多かったように思えますが、今回はとても存在感がありました。
遠野さんが歌う「ひとかけらの勇気」は安蘭さんが歌うそれとは違った印象で、心に残りました。

ここのところ、宝塚作品のDVDは買っていなかったのですが、久々にこのDVDは欲しいと思いました。

<キャスト>
パーシー・ブレイクニー ・・・・ 安蘭 けい
マルグリット・サン・ジュスト ・・・・ 遠野 あすか
ショーヴラン ・・・・ 柚希 礼音
サン・シール侯爵/プリンス・オブ・ウェールズ ・・・・ 英真 なおき
ドゥ・トゥルネー伯爵夫人 ・・・・ 万里 柚美
アントニー・デュハースト ・・・・ 立樹 遥
アンドリュー・フォークス ・・・・ 涼 紫央
アルマン・サン・ジュスト ・・・・ 和 涼華
マリー・グロショルツ ・・・・ 夢咲 ねね
その他

この作品では、ルイ16世とマリー・アントワネットの遺児、ルイ・シャルルの救出劇がありますが、実際のところ、ルイ・シャルルは僅か10歳でタンプル塔で亡くなったのではありませんでしたっけ?
まあ、タンプル塔から出た遺体が本当にルイ・シャルルのものかという疑惑もあり、逃亡説もありましたが・・・・。この作品では、その逃亡説をとったということでしょうか。

しかし、現代の科学とはロマンを引き裂くもので、タンプル塔から出た遺体のDNA鑑定が行われ、確か2004年にルイ・シャルルのものであると判定されています。

まあ、史実は別として、『スカーレット・ピンパーネル』は手に汗握る、楽しい作品です。
原作の『紅はこべ』は読んだことがないので、こちらも読んでみたくなりました。(^^)


The Scarlet Pimpernel: The New Musical Adventure - Original Broadway Cast Recording
First Night
1998-01-30
Original Broadway Cast Recording

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
プログラムにもあったかと思いますが、
オルツィのお話の続きに、王太子奪還のお話があるそうですよ〜。まあ実際には、ロシアのアナスタシアみたいに、現実はロマンとは違うのでしょうけど(^^ゞ
DVDにアドリブ集とかつけてほしいです(笑)
うーさま
URL
2008/09/08 21:12
>うーさまさん
アトリエのシーンとか、毎回違うところもあるみたいですね!
アドリブ集、是非つけてほしいですね。(^^)

2008/09/09 01:54
宝塚星組公演『スカーレット・ピンパーネル』 翠の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる