翠の独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 馬の歯医者さん

<<   作成日時 : 2008/10/05 23:42   >>

トラックバック 0 / コメント 6

今日は外部クラブでの修行でした。細々とまだ続けています。(^^ゞ
その修行先の乗馬クラブで、今日は、数人の外国の方が来ていました。しかし乗りにきたわけではない感じで、しかも、厩舎の馬たちはソワソワと落ち着かない様子。
何だろう??と思っていると、スタッフの方が「馬の歯医者さんが来ている」と教えてくれました。

馬の歯医者??
私にとっては初めて聞く職業でした。あまりに不思議で、「それは獣医さんが見るのとは違うんですか?」と尋ねたところ、「本当に馬の歯医者さんです。馬の歯を専門に診る方がいるんです」と言われました。

日本では、乗馬人口も少ないので、馬の歯医者さんは皆無ではないものの、数人に留まるのみ。こちらのクラブでは海外から専門の方を呼んでいるそうです。

馬の歯は1年間におよそ3ミリ伸びます。放置していると、歯が尖ってきて、口の中を傷つけ、口内炎になり、ハミを受けられなくなるそうです。また、餌もきちんと噛めなくなるので、せん痛の要因になることもあるといいます。
これは衝撃でした。

日本では、まだまだ馬の歯の健康については軽視されがちで、乗馬クラブや競馬厩舎でも、歯を削っていないところもたくさんあるそうです。
しかし、欧米では馬の歯の健診管理も、馬を飼育する上での基本だといいます。

ハミをつけるのを嫌がる、舌を口から出す、頭を振る、原因不明の破行・・・・これらは馬が歯の異常を伝えるサインかもしれません。
うちのクラブって、馬の歯のチェックなんてしているのかなぁ。

今後、気にかけていきたいと思います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
昨日はお疲れ様でした。
厩舎にむかうのに足取がめちゃめちゃ重い馬がいたんだけど、きっと歯医者さんがいやだったんですね。
馬も人間の子供と同様に歯医者さんは嫌いなのかな^^;
なおどん
2008/10/06 12:30
え〜!
そんな職業があったのね!
人間の歯もどんどん伸びてくれれば、
虫歯のところもなくなりそうなのになぁ。。。
かおりん
2008/10/06 14:49
そうなんだ〜初めて聞いたよ。爪専門の人だけかと思った!人間も馬も歯は大事なんだね。
えっちゃん
2008/10/06 22:43
>なおどん
昨日はお疲れ様でした〜。
馬は歯に神経は通っていないので、削ったりしても痛くないらしいけど、やっぱりいつもと違う雰囲気に何かただならぬものを感じたのでしょう。(笑)
私は大人になっても歯医者は嫌い・・・(>_<)

>かおりんさん
欧米では、大学の専攻にも「馬歯科学」なるものがあるそうです。
人間の歯は虫歯を削ってしまったらそれっきりですものねぇ・・・・。でも、そんなに伸びていたら、虫歯にならなくても歯医者に通わなければいけませんね。それはちょっと嫌かも。(^^;

>えっちゃん
私も今回、初めて知りました!
競走馬でも、歯の噛み合せをなおすことによって、レースに勝てるようになったりすることもあるそうです。
ホント、馬も歯は大事なんですね!

2008/10/06 23:32
お久しぶりです(^^)
馬の歯医者さん、うちも年に1度、余裕のある平日に来てはりますよ。
日本の方だったり、外国の方だったり、色々ですが〜。
アグネス
2008/10/14 10:37
>アグネスさん
お久しぶりです。
馬の歯医者さん・・・・京都にも来ているんですね!うちも来ているのかなぁ・・・・。
日本の方もいらっしゃるんですね!それは貴重かも〜。

2008/10/14 21:56
馬の歯医者さん 翠の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる