翠の独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 今シーズン2回目の『エリザベート』

<<   作成日時 : 2008/12/13 23:59   >>

トラックバック 0 / コメント 6

今シーズン2回目の『エリザベート』です。
前回は山口さんのトート閣下が目的でしたが、今回は浦井君のルドルフが最大の目的でした。
オープニングから浦井君に釘付けです。やっぱりカッコイイ〜♪

<本日のキャスト>
皇后・エリザベート ・・・・ 朝海 ひかる
黄泉の帝王・トート ・・・・ 武田 真治
皇帝・フランツ・ヨーゼフ ・・・・ 鈴木 綜馬
皇太子・ルドルフ ・・・・ 浦井 健治
皇太后・ゾフィー ・・・・ 初風 諄
皇后暗殺者・ルイジ・ルキーニ ・・・・ 嶋 政宏
マックス公爵 ・・・・ 村井 国夫
少年ルドルフ ・・・・ 太田 力斗
その他

私にとって、東宝版において、山口さん以外のトート閣下を観るのは初めてのこと。実は内野トートも観たことがなかったのです。
武田さんのトートはとても評判がいいことは知っていました。特に山口さんのファンではない場合、山口トートよりも武田トートを支持する方のほうが実は多いようです。
実際に観てみて・・・・正直、悔しかったです。とても良いのです!山口さんとは全く異なるトート像を作り上げていましたが、ウィーン版のオリジナルを考えてみると、武田トートのほうがそれに近い気がします。
武田トートは黄泉の「帝王」と呼ぶにはちょっと貫禄不足で、どちらかといえば、黄泉の「プリンス」といった印象。そこは山口さんに及ばないものの、ロックで荒々しく、強烈な存在感がありました。「グランデ・アモーレ」のテーマ性も色濃く出ていたように感じられます。
衣裳も山口さんとは随分違いますね。山口トートは仰々しい感じですが、武田トートは意外にシンプル。ただ、ブーツの厚底はちょっと気になりますが・・・・。(^^;
山口さんのファンということを忘れて、客観的に観た場合、やっぱり武田トートのほうがいいかも・・・・と思ってしまいました。
歌い上げるトートではなく、ロックなトートも十分あり。そういった意味では、SOPHIAの松岡充さんなんかが演じたら、似合っているかも〜!なんて思ってしまいました。最近はミュージカルにも進出していますし、あの端整な顔立ちは「女のように美しい」とされるトートにピッタリな気がします。

朝海ひかるさんのエリザベートは、正直、あまり期待していませんでした。
そして、予想通り・・・・といったところでしょうか。昨年「蜘蛛女のキス」を観た頃よりは、高音も出るようになっていましたが、まだまだ厳しいところもたくさんありますね。
ただ、一路さんのエリザベートもどんどん進化していきましたから、朝海さんも、今後、十分期待できると思います。
是非、朝海さんにも進化していってほしいものです。

綜馬さんの皇帝陛下は哀愁が漂っていますね〜。
綜馬さんの皇帝陛下はいつも、ひどく同情してしまうんですよね。エリザベートのエゴに振り回される皇帝陛下が可哀相でたまらなくなるのです。
禅さんが演じている時でも、そう全く感じないわけではないのですが、綜馬さんの時のほうが可哀相に思えてしまうのです。何故でしょうね?
単純に私が綜馬さんのファンだからかなぁ??

浦井君のルドルフは文句なしにカッコイイです。(^^)
歌も以前にも増して、さらに磨きをかけたみたいですね!
観る度に進化しているので、嬉しく思います。

今回は全体的に新鮮な感じがする『エリザベート』でした。やはり武田トートの存在が大きいのでしょうね。
先月『エリザベート』を観た時にも書いていますが、今回の東宝版は作品として、素晴らしいものがあります。
う〜ん・・・・今シーズン、これがラスト(マイ楽)なのが残念です。


エリザベート―愛と死の輪舞(ロンド) (角川文庫)
角川書店
ミヒャエル クンツェ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
武田真治のファンです。
山口さんのファンの方に認めていただけて、すごく嬉しくて初めて書かせていただいています。真治君のファンは勿論山口さんに歌の面で及ばない事はわかっています。演技や表情を認めていただくとやった〜〜という感じです。いろいろネットを読んでいると、山口さんのファンで、真治君のトートを頭から毛嫌いしている方が多いような気がして実は落ち込みぎみでした。これからも、もっと成長していく真治君に目をかけてあげてください。
真治ファン
2008/12/17 21:14
>真治ファンさん
はじめまして。コメントありがとうございます!
武田トート、良かったですよ〜。山口さんとは全くタイプの違うトートでしたが、十分ありだと思います。
武田さんのトート、また観たい!と思いました。(^^)

2008/12/17 21:48
トートは、本当にWキャストの醍醐味、という感じで、全く違っていてどちらもいいですよね。
浦井くんは歌がすごくよくなってるなあ、と思いました。
コムちゃん(朝海)は…踊るところがあったらよかったんですけど…。
うーさま
URL
2008/12/18 23:32
>うーさまさん
今回、Wキャストの違いをハッキリと感じとることができ、ある意味衝撃を受けました。こうも変わるのですね〜。
今回は本当は浦井君だけが目的だったのですが、色々な意味で観て良かったと思います。
もちろん浦井君が進化していることは、最も嬉しいことでした。(笑)

2008/12/19 00:02
初めまして。私も武田真治さんのファンの者です。山口さんのファンの方に真治君の事を認めて?頂けるのは本当に嬉しいです。キャリアも体格も声量も山口さんにはおよびませんが真治君には彼にしか出来ない魅力的トートがあると思い私はそれが大好きなのにそれを全て全否定されたブログを読んでへこんだ記憶がありまして…。真治君は比較される事を承知の上でトート役でミュージカルに初挑戦しました。係わった全ての先輩トート(山口さん、姿月さん、マテさん)を尊敬して目標にしていて追いつけ追い越せで努力してると思います。山口さんのファンの方も翠さんの様に暖かい気持ちで応援して頂けると嬉しいです。
kobuta
2008/12/20 22:20
>kobutaさん
はじめまして。コメントありがとうございます!
武田さんのトート、私は良かったと思います。
山口さんのイメージのまま観た場合、全然ちが〜う!と思うのは確かですが、トートの捉え方は役者さんによって異なっていてもいいと思うし、武田さんのようなタイプのトートもありだと思います。
ウィーン版のオリジナルのトートが野獣のようだったので、それを観た時の衝撃を考えると、どのようなトートでも受け入れられるようになった気がします。(^^ゞ
武田さんのトートは、まだまだ進化していくと思うので、そういった意味でも今後も楽しみですね。(^^)

2008/12/21 01:05
今シーズン2回目の『エリザベート』 翠の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる