翠の独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 今年最初の観劇『ドロウジー・シャペロン』

<<   作成日時 : 2009/01/17 22:31   >>

トラックバック 0 / コメント 6

今年の観劇は、やや遅いスタートとなりました。
今年最初の観劇作品は、藤原紀香さんがミュージカルに初挑戦したことで話題となっている『ドロウジー・シャペロン』です♪

この作品は、2006年にブロードウェイで上演され、トニー賞を5部門受賞。日本で上演されるのは今回が初めてで、宮本亜門氏が手がけました。

<キャスト>
ジャネット(花嫁) ・・・・ 藤原 紀香
ドロウジー(花嫁介添人) ・・・・ 木の実 ナナ
ナレーター ・・・・ 小堺 一機

ロバート(花婿) ・・・・ なだぎ 武
ジョージ(花婿介添人) ・・・・ 川平 慈英
フェルドズィーグ(プロデューサー) ・・・・ 尾藤 イサオ
キティ(プロデューサーの愛人) ・・・・ 瀬戸 カトリーヌ
アルドルフォ(ラテン系ジゴロ) ・・・・ 梅垣 義明
トリックス(飛行士) ・・・・ 浦嶋 りんこ
ギャング・コンビ ・・・・ 石飛 幸治
ギャング・コンビ ・・・・ 林 勇輔
トッテンデール夫人(結婚式主催者) ・・・・ 中村 メイコ
アンダーリング(執事) ・・・・ 小松 政夫
その他

この作品はミュージカルとしては、100分とちょっと短めで、休憩がありません。
それなのに、狂言まわし的なナレーションを担当している小堺一機さんはず〜っと舞台上から消えることはなく(後編に一瞬いなくなるところがありますが)、セリフもとにかく多いです!
あの役は「うわ〜、大変そう!」と思いましたね。

ストーリー的には、結婚式当日に式が始まるまで花嫁と花婿は顔を合わせてはいけない・・・・顔を合わせると不幸になる・・・・というジンクスからお互いが顔を合わせないでいる数時間の出来事で、スターである花嫁の結婚を阻止しようとするプロデューサーや、花嫁の後釜を狙うショーガールなどが繰り広げるドタバタです。
内容的には単純で、くだらないとさえ思えるのですが、古き良き時代のミュージカル・・・・という感じで、とにかく楽しいです!個人的には、重く暗いミュージカルより、こういった楽しい作品のほうが好きですね。

今回、注目の藤原紀香さんですが、メチャクチャ綺麗でした!
あまり期待していなかったのですが、歌もお上手でビックリ。
課題だった身体の硬さ(前屈で床に手が届かなかったと言われています)も克服し、見事なY字バランスを披露していました。あの年になっても、努力すれば、あんなに柔らかくなるものなんですねぇ。
あの美貌とスタイル、特訓によって歌唱力とダンス力も手に入れ、紀香さん・・・・もう怖いものなし、という感じですね。

紀香さんの相手役・・・・花婿のロバートを演じていたのは、芸人のなだぎ武さん。さすがに外人メイクはサマになっていましたね。(笑)
でも、歌もお上手でしたし、見事なタップダンスも披露していました。

このミュージカルの製作が決まり、キャストが発表された時は、「亜門さん、チャレンジャーだなぁ」と思いましたが、出来上がってみると、全てがマッチしていました。さすがですねぇ・・・・。

年明けから、素敵な作品に出会えたな・・・・と思います。
とてもハッピーな気持ちにさせてくれるミュージカルでした♪


The Drowsy Chaperone [Original Broadway Cast]
Ghostlight
2006-06-06

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
キャストが豪華(ミーハー!?)だし、面白そうなミュージカルだね。
100分楽しいのは価値ありだね〜
なおどん
2009/01/19 12:09
>なおどん
本当に楽しいミュージカルでした!
休憩が入らないのは、ずっと集中できて良かったよ。終わった後、どっと疲れがきたけどね。(笑)

キャストが豪華なのは、得した気分♪

2009/01/19 22:19
楽しそうだなあとは思ったのですがチケット取らず…。
なので様子がわかって嬉しいです!
紀香さんもよかったのですね。
楽しいミュージカル、いいですよね♪
うーさま
URL
2009/01/24 21:19
>うーさまさん
私もこのチケットを取る時は迷ったのですが、行って良かったです♪
紀香さん、素敵でした〜。歌やダンスも期待以上!女優として、幅が広がったのではないでしょうか。
内容的にはちょっとくだらない感じもするのですが、楽しい作品でした。(^^)

2009/01/24 21:52
こんにちは
僕も昨日観てきましたよ、“ドロウジー・シャペロン”。面白かったですね。藤原紀香さんを初めて舞台で見ましたが、とてもきれいですね。そして、瀬戸カトリーヌさんがとても素敵でした。劇中劇はきっとミュージカルの一つの典型的なスタイルのパロディだったのでしょうね。
それにしても、ミュージカルおたくの椅子の男役の小堺さんの言葉に一つ一つうなずいてしまった僕もミュージカルおたくなのかなぁ…?
TOMO
URL
2009/01/25 18:00
>TOMOさん
とても楽しい作品でしたね♪
瀬戸カトリーヌさんは私はストレートプレイでしか観たことがなかったので、ミュージカルのイメージがありませんでした。でも、良かったですね!ただ、彼女はどこの国の人の役だったのか、ちょっと疑問ですが。(^^;
小堺さんのセリフには私も共感できる点がたくさんありました。(^^)
でも、ミュージカルのレコードをかけながら、あそこまでの解説はとてもできません。あれこそがやはりミュージカルおたく!?(笑)

2009/01/25 22:39
今年最初の観劇『ドロウジー・シャペロン』 翠の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる