翠の独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 『サンデー・イン・ザ・パーク・ウィズ・ジョージ』

<<   作成日時 : 2009/07/29 23:59   >>

トラックバック 0 / コメント 0

パルコ劇場で上演中のミュージカル『サンデー・イン・ザ・パーク・ウィズ・ジョージ』を観てきました〜。
これは、点描画で知られるジョルジュ・スーラの代表作「グランジャット島の日曜の午後」をモチーフにした作品です。
主演は石丸幹二さん♪私にとっては永遠のプリンスです。(笑)

この作品は、ジョージ(ジョルジュ・スーラのこと)とその恋人であるドットの関係を軸に、日曜日の公園で繰り広げられる様々な人間模様を浮かび上がらせ、ジョージがいかにして「グランジャット島の日曜の午後」を完成させたかを描いています。
演出は宮本亜門氏。
一幕のラストで、「グランジャット島の日曜の午後」をそのままに、俳優さんたちが舞台上に並んだ光景は実に素晴らしかったです。
ただ、この作品では映像を多用しており、舞台本来の良さが失われてしまっているような気がしてなりませんでした。
映し出された映像は、舞台空間を上手く利用しており、ある意味、舞台だからこそ成り立つ映像なのかもしれません。これを「斬新」として受け止め、この演出を素晴らしい!と感じる方もいるでしょう。
でも、私は違和感を覚えたんですよねぇ・・・・。頭が固いのかな。(笑)
舞台って、セットも見どころの一つだと思うんですよ。それを映像で簡単に映されても、どこか物足りない感じ。

しかし、役者さんたちのそれぞれの個性は光っていて、印象に残る舞台ではありました。

<キャスト>
ジョージ ・・・・ 石丸 幹二
ドット ・・・・ 戸田 恵子
老婦人 ・・・・ 諏訪 マリー
ジュール ・・・・ 山路 和弘
イヴォンヌ ・・・・ 春風 ひとみ
フランツ ・・・・ 畠中 洋
ボート屋 ・・・・ 野仲 イサオ
看護婦 ・・・・ 花山 佳子
セレステ1 ・・・・ 鈴木 蘭々
セレステ2 ・・・・ 冨平 安希子
兵隊1 ・・・・ 岸 祐二
兵隊2 ・・・・ 石井 一彰
ミスター ・・・・ 岡田 誠
ミセス ・・・・ 南 智子
ルイ ・・・・ 中西 勝之
フリーダ ・・・・ 堂ノ脇 恭子

石丸さん・・・・あの歌唱力は健在で、難解なソンドハイムの音楽も見事にこなしていました〜。
戸田さんは、相変わらず強烈な個性ですね。ある意味、幹二さんよりも印象に残っているかも。(^^;
ジュールの山路さんは、癖のある役で、いかにも山路さんにハマっていたように感じられました。
春風ひとみさんは、二幕での姿にかなりビックリ!まさか、あんなにパンクな春風さんを見ることができるとは!

なかなか難しい作品ではありましたが、前回、幹二さんが主演した『ニュー・ブレイン』に比べれば、分かり易かったと思います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

『サンデー・イン・ザ・パーク・ウィズ・ジョージ』 翠の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる