翠の独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 新横浜ラーメン博物館

<<   作成日時 : 2009/12/29 22:57   >>

トラックバック 0 / コメント 0

新横浜ラーメン博物館」に行ってきました。
オープンしてから15年くらい経ちますが、行ったのは今回が初めてです。

ラーメン博物館には、全国各地より9店舗のラーメン店が出店しています。その中には常設店もあれば、期間限定店もあります。
行ったのがちょうどランチ時間だったため、どこのお店も20〜30分待ちの行列ができていました。

今回私たちが行ったのは、「久留米大砲ラーメン」。ラーメン博物館では、12月19日にオープンしたばかりです。
福岡・久留米ではかなりの人気店で、誰もが知る名店といいます。
スープは九州らしくトンコツがベース。麺はストレートの細麺です。しっかりした味わいで、スープが麺によく絡んで、美味しかったです♪
・・・・て、それほどラーメン通でもないので、あまり偉そうなことも言えないのですが・・・・。(^^;

ラーメン博物館は「博物館」と称しているだけに、ラーメン店が展開しているだけではなく、ラーメンの歴史や、ラーメンにまつわる展示物など、ラーメン情報が満載です。
日本で初めてラーメンを食べたのは、かの水戸光圀だったということも初めて知ると同時に、あまりに意外なことに驚きました。
意外で驚いたことと言えば、ラーメンを年越しそばとしている地方が日本蕎麦のメッカとも思える飛騨高山というのもビックリでした。飛騨高山では、「そば」と言えばラーメンをさし、いわゆる「そば」は「日本蕎麦」と呼ぶそうです。そのためか、年越し「そば」といえば「ラーメン」という風習が根付いたとか・・・・。

ラーメン店が並ぶ地下は、昭和33年の下町が再現されています。足を踏み入れた瞬間、池袋のナンジャタウンを思い出しました。あそこも昭和30年代の街並みを再現していますよね。
ちなみに昭和33年とは、インスタントラーメンが発売された年なのだとか。

グッズもラーメンにまつわる様々な面白いものが販売されていました。

ラーメンって、奥が深いものですね。(笑)
色々なところに工夫がこらされていて、なかなか面白い博物館でした♪

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

新横浜ラーメン博物館 翠の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる