翠の独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 『TALK LIKE SINGING』

<<   作成日時 : 2010/02/21 23:54   >>

トラックバック 0 / コメント 2

三谷幸喜氏が脚本・演出を担当し、SMAPの香取慎吾君が主演するミュージカル『TALK LIKE SINGING』を観てきました〜。
これは、オフ・ブロードウェイで初演を行ったことで話題となった作品の凱旋公演です。
そのため、ニューヨークにいる・・・・ということを前提とした演出が色々な場面でありました。

一言で言えば、面白かったです!(^^)
出演者はたったの4人ですが、クライマックスではオケピからも舞台上に上がる人たちが現れ、かなり盛り上げてくれました〜♪

<キャスト>
ターロウ ・・・・ 香取 慎吾
ダイソン ・・・・ 川平 慈英
ニモイ ・・・・ 堀内 敬子
ブラザー ・・・・ 新納 慎也

この作品・・・・川平さんが「大変!」ときいていましたが、その意味がよく分かりました。
ある意味、主役かもしれません。

言葉を歌でしか伝えることのできない仮名「ターロウ」が研究されることになりました。
その研究を行っていたのが精神科医のダイソン博士と、言語学者のニモイ博士。彼らはターロウが社会生活を送れるよう、ターロウの歌を封じようとするのですが・・・・

ニモイ博士を演じていた堀内さんや、ブラザーを演じていた新納さんは、これらの役以外にも、何役も演じていて、忙しそう。
でも、それが笑えるし、彼らの実力も垣間見ることができます。

カーテンコールではスタンディングオベーションとなり、とても盛り上がりました。

三谷作品としては、ちょっと笑いが物足りない感じもしましたが、とても楽しい舞台でした♪                                                                               

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
すごーい!
すごい人気で、チケットがとれないと聞いていました。
だから、すごく興味あったけど、あきらめたんだぁ〜

楽しい作品だったみたいで、うらやましい!
また再演してくれないかなぁ〜
かおりん
2010/02/23 18:27
>かおりんさん
私もこのチケットをGETするには苦戦したのですが、どうしても見たかったので、頑張りました。(^^)

やっぱりアメリカ向けだなぁ・・・・という感じで、いつもの三谷作品とはちょっと違った印象でしたが、面白かったです♪
日本向けに演出しなおして、また上演されたらいいなぁなんて思います。

2010/02/23 22:27
『TALK LIKE SINGING』 翠の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる