翠の独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 宝塚歌劇花組公演『虞美人』

<<   作成日時 : 2010/05/19 23:59   >>

トラックバック 0 / コメント 2

東京宝塚劇場で上演中の花組公演『虞美人 -新たなる伝説-』を観てきました〜。
この公演で、娘役トップの桜乃彩音さんは退団されます。

虞美人といえば、項羽の寵姫であり、その悲劇的な最期は虞美人草の伝説と共に有名です。
しかし、作品の軸は項羽と劉邦の戦いであり、タイトルにもなっている虞美人その人は何となく影が薄いように感じされました。
それでも、四面楚歌の場面では、虞美人のひたむきで一途な愛が痛いほど伝わってきて、どうしようもなく切なかったのですが、彼女は幸せな人だったんだな・・・・というのも感じられ、とても印象に残りました。

項羽と劉邦はとても対照的ではありますが、虞美人と劉邦の妃である呂もまた、対照的だな・・・・と思いました。

<キャスト>
項羽 ・・・・ 真飛 聖
虞美人 ・・・・ 桜乃 彩音
劉邦 ・・・・ 壮 一帆
范増 ・・・・ 夏美 よう
張良 ・・・・ 未涼 亜希
韓信 ・・・・ 愛音 羽麗
呂 ・・・・ 花野 じゅりあ
衛布 ・・・・ 華形 ひかる
桃娘 ・・・・ 望海 風斗
その他

今回は、項羽や劉邦よりも、その周囲の人たちに魅力を感じました。
宝塚の舞台でそういうことって、珍しいんですけどね。
あの時代、それだけ多くの英雄がいた・・・・ということでしょうか。

項羽の参謀だった范増や、劉邦の参謀の張良は個性的で、印象に残りました。
特に范増の最期は壮絶でしたね。

とてもスケールの大きな舞台でした!


項羽と劉邦 (上) (新潮文庫)
新潮社
司馬 遼太郎

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
有楽町阪急の壁にででん、と超巨大ポスターが貼ってあるのを見て、
いつも思わずこわくなってしまいます(笑)
本当にいろんな人たちがいるみたいなので、楽しみです。
花組は中堅男役スターさんもたくさんいますよね。
うーさま
URL
2010/05/22 21:16
>うーさまさん
阪急の前のポスターって、そんなに怖いんですか!?
あの辺はあまり通らないのでよく分からないのですが・・・・。(^^;

今まであまり意識したことがなかったのですが、ホントに花組は魅力的な方がたくさんいるんだなぁ・・・・と感じました。

2010/05/22 23:00
宝塚歌劇花組公演『虞美人』 翠の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる