翠の独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS ミュージカル『三銃士』

<<   作成日時 : 2011/07/31 23:59   >>

トラックバック 0 / コメント 2

帝国劇場で上演中のミュージカル『三銃士』を観てきました。
これは、帝国劇場開場100周年記念公演でもあります。

『三銃士』といえば、アレクサンドル・デュマによる名作。でも、実は私、読んだことがないんです。
今回、ミュージカルを観るにあたり、予習しようかとも思ったのですが、結局、予備知識なしで臨みました。まあ、有名な作品なので、多少の知識はありましたが・・・・。

作品のテーマは「ひとりはみんなのために、みんなはひとりのために」。

でもね・・・・アトス、アラミス、ポルトスの三銃士は、確かにそのテーマあった行動をみせていると思うのですが、主人公ともいえるダルタニャンがあまりに血気盛んで、自分勝手に見えることがしばしば・・・・。まあ、これはダルタニャンの成長の物語でもあるので、最終的には、彼もこのテーマを示せるようになるのですが・・・・。
ダルタニャンには、イラッとする場面がたくさんありましたね。(^^;

<キャスト>
ダルタニャン ・・・・ 井上芳雄
アトス ・・・・ 橋本さとし
アラミス ・・・・ 石井一孝
ポルトス ・・・・ 岸祐二
ミレディ ・・・・ 瀬奈じゅん
リシュリュー枢機卿 ・・・・ 山口祐一郎
アンヌ王妃 ・・・・ シルビア・グラブ
コンスタンス ・・・・ 和音美桜
ロシュフォール ・・・・ 吉野圭吾
バッキンガム公爵 ・・・・ 伊藤明賢
ルイ13世 ・・・・ 今拓哉
役者/ジェームズ ・・・・ 坂元健児
その他

存在感のある印象的な演技をしていたのは、王妃のシルビア・グラブさん。やっぱり上手いですねぇ。
また、幸せを求めるが故に悪に手を染めてしまうミレディを演じていた瀬奈じゅんさんも、その悲哀を見事に演じていました。
祐一郎さんは、ノリノリでしたねぇ。神の名を借りて、権力を握る悪徳枢機卿の姿を見ながら、かつて祐一郎さんが演じていたジーザスを思い出してしまいました。何と対照的なのでしょう!
食いしん坊で、お腹の出っ張ったポルトスは、最初、岸さんとは気付けませんでした。あの変貌ぶりは素晴らしいです。

今回、この舞台で「おっ!」と思ったのは、宝塚でいう銀橋のようなものが設けられていたこと。
これ、今後、帝劇の定番になるのでしょうか?

『三銃士』・・・・原作もちゃんと読んでみようかな。


三銃士 上 (角川文庫)
角川書店(角川グループパブリッシング)
アレクサンドル・デュマ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 三銃士 上 (角川文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
忘れてた!
観に行かなきゃ
かおりん
2011/08/01 18:32
>かおりんさん
見ごたえのある作品でした。是非!

2011/08/01 23:41
ミュージカル『三銃士』 翠の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる