映画『インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国』

ハリソン・フォード主演の映画『インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国』を見てきました~。
19年ぶりのこのシリーズ・・・・あのテーマ曲を聴くとテンション上がりますね!

前作「最後の聖戦」から18年後の設定。
インディも歳を重ねたものの、そのアクションは健在でした。その強さに「あんた、本当に教師か?」なんて言われるシーンもありましたが、それに対してインディが「時々」と答えたのが笑えました。

しかし、やっぱりインディも歳をとりましたね。「じいさん」呼ばわりされたり、全体的に世代交代を感じさせるものがありました。これが、インディ最後の冒険になるのでしょうか。
インディが「ジュニア!」と叫ぶのは、前作「最後の聖戦」が思い出されます。
他にも、これまでのシリーズとかぶるシーンがあり、思わず、ニヤッとしてしまうことがたくさんありました。

<あらすじ>
1957年。相棒マックに裏切られ、スパルコ率いるソ連工作員の魔手から危うく逃れたインディ。大学も強制休職となり、街を出ようとしていた彼に、マットという若者が声をかけてきた。いわく「伝説の古代秘法“クリスタル・スカル”を手に入れられる」という。その言葉を信じ、インディはマットと共にペルーへと向かう。そこでようやくクリスタル・スカルを手に入れるものの、待ち構えていたスパルコたちに捕らえられてしまい・・・・。

今回、悪役のスパルコにケイト・ブランシェットが挑んでいたのが意外でした。
実力派女優ですから、それは見事な悪役ぶりでしたが、『エリザベス』とはエライ違いです。(^^;
でも、やっぱり、この方・・・・上手いですね~!

それにしても・・・・今回は、もう何でもありのような感じでしたね。
核実験から宇宙・・・・異次元の世界に至るまで!
これまでもオカルト的要素があり、それがこのシリーズの魅力の一つでもあったわけですが、今回はあまりに話が壮大過ぎて、ちょっとついていけないところもあったり・・・・。(^^;
でも、まあ、インディ・ジョーンズらしいと言えば、らしい気もしますね。

インディ・ファン必見の楽しい作品になっていたと思います♪


インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国 オリジナル・サウンドトラック
ユニバーサル ミュージック クラシック
2008-06-06
ジョン・ウィリアムズ

ユーザレビュー:
映画はまだ見ていない ...
インディみてきました ...
本編にしてオマージュ ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ