翠の独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS カクテルとピザの恐るべき類似

<<   作成日時 : 2005/02/23 01:10   >>

トラックバック 1 / コメント 0

学生の頃、よく行っていた新宿にある、とあるダイニング・バー。
こだわりの料理と種類豊富なカクテルとで今でも人気があります。
よく行っていた当時のこと・・・・

テキーラベースの有名なカクテル「マルガリータ」をオーダーしたところ、しばらく待ってもなかなか出てきませんでした。そんなに時間のかかるものでもないはずなのに・・・・と不思議に思っているところへ「お待たせしました〜」とやっと出てきたのは何とピザの「マルゲリータ」!
それからしばらくは笑い話のネタになりました。

そんな話も忘れていた、つい先日のこと。
別のお店ですが、やはり似たようなダイニング・バー。
そこでは、ピザの「マルゲリータ」を注文しました。ところが、まもなくしてスタッフがシェーカーを持って現れました。
「あの〜、ピザなんですけど・・・・・」

まさか、こんなことが2度もおこるとは思っていませんでした。
私の発音が悪いのかなぁ。
注文するときは頭に「ピザの」とか「カクテルの」とかが必要ですね。(^^;

そもそも「マルガリータ」も「マルゲリータ」も語源は同じで「真珠」の意。
そして、どちらも人の名前から名づけられたものです。

マルガリータ
 ロサンゼルスのレストラン“テール・オ・コック”のバーテンダー、ジャン・デュレッサー氏が創作したカクテルです。
 1949年のUSAナショナル・カクテル・コンテストで3位に入選した作品。カクテル名「マルガリータ」は、彼の若き日の恋人の名前です。
 2人で狩猟に行った際に、彼女は流れ弾にあたって亡くなってしまった。その彼女を偲んで作られたカクテルといわれています。

マルゲリータ
 19世紀にイタリアを統一したサヴォイ家の王妃マルゲリータがナポリの有名なピザ職人にピザを作らせました。
 ピザ職人は王家への敬意を払い、トマトソースとバジル、モッツァレラチーズでイタリア国旗の赤・緑・白に見立てたピザを創作しました。
 王妃は、ことのほかこのピザを気に入り、その名がついたとか。

マルガリータはスペイン語名、マルゲリータはイタリア語名です。
ちなみに英語名としてはマーガレット、フランス語名はマルグリット、ドイツ語名はマルガレーテとなります。


<カクテルグッズ紹介>
 (シェーカーなど)

Click Here!
自然がいちばん良酒市場 さけぞう

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
異動・卒業・歓送迎会の季節は隠れ家ダイニングバー@新宿
新宿は今日も寒いですね〜 と言っても2月も終わりますね〜 2月が終わると3月。そう歓送迎会の季節がやってきました! はいっ!飲む季節です(笑) これから少しずつ暖かくなると新宿にも 飲む人が出てきます。飲むと言えば居酒屋・ダイニングバー・バーと いろいろありますが、本日は新宿でオープンしたばかりのダイニングバーの ご紹介をします。それもこだわって飲む方にはピッタリのお店です。 新宿歌舞伎町にオープンしたばかりの「CLIMB UP −クライムアップー」さん。 新宿コマ劇場の横にオープ... ...続きを見る
@新宿「オススメ店」営業日記
2006/02/22 09:53
カクテルとピザの恐るべき類似 翠の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる