翠の独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 元祖"モスコミュール"

<<   作成日時 : 2005/06/24 23:55   >>

トラックバック 0 / コメント 0

以前、カクテルのモスコミュールは、本来ジンジャーエールではなく、ジンジャービアーを使用するというお話をしました。
ずっと飲める機会を窺っていたのですが、遂にその時がやってきました。
ジンジャーエールを使用した、いわゆる通常のモスコミュールと、ジンジャービアーを使用した"元祖モスコミュール"の両方を扱っているというお店を発見したので、早速行ってみることにしたのです。

お店に入ると、いきなりジンジャーエール版とジンジャービアー版の両方を注文。飲み比べてみることにしました。
まずはジンジャーエール版を飲んでみます。まあ、これはよくある飲み慣れた味です。でも、ここのはちょっとウォッカがきつめで、いかにも「お酒〜」という感じだったので、元々お酒が弱い私には好きになれるタイプではありませんでした。
続いてジンジャービアー版を飲んでみます。こちらは生姜の香りと味がかなりきいていて、喉にカッとくる熱さがあり、通常のモスコミュールとはかなり違います。それでも、どこか飲み慣れたモスコミュールっぽさはあります・・・・ていうか、こちらが元祖なので、通常のはこちらを真似たんですよね。(^^;
個人的にはジンジャービアー版のほうが美味しかったです。
そこで、双方の味見をしたところで、残りは私がジンジャービアー版をとり、友達がジンジャーエール版をとりました。

折角なので、ジンジャービアーを単体で飲むとどんな感じなのか、メニューにはなかったものの、小さなグラスで出してもらうことにしました。
最初に友達が一口飲み、ボソッと一言「オジさんの味」と言います。どんな味よ??と思う私に「飲んでみれば分かる」とグラスを渡されました。
そこで私も一口飲んでみます。すると・・・・その瞬間、私はしばらく笑いが止まらなくなってしまいました。確かにオジさんの味!「分かる、分かる」という感じです。
う〜ん・・・・味としては生姜湯をお湯ではなく、炭酸にして、思いきり冷やしたら、これに近いものになるのではないでしょうか。
ジンジャービアー版のモスコミュールは美味しかったものの、単体ではいただけませんね。(^^ゞ

目的は果たしたので、この後はジンジャービアーの口直しの意味も含めて、お互い好きなものを注文することにしました。
メニューを見る私の目はワインベースカクテルにいきます。ないだろうと思いながらも、一番好きなカクテル「ベリーニ」をさがします。案の定なかったのですが、あるカクテルの名前に目が留まりました。「ディタ・インペリアル」です。
ディタは好きなリキュールの一つですが、ディタといえばチャイナブルーかディタ・グレープフルーツ、ちょっとマイナーなところでディタ・エイジアくらいしか思い浮かびません。
ところがディタ・インペリアルは、ディタを使ったカクテルの中では比較的スタンダードなようで、ディタ3に対し、スパークリングワイン7を注ぎ込むというレシピとしてはいたってシンプルなものでした。
スパークリングワインがあるならベリーニがあっても良さそうなのに・・・・と思いながら、「ディタ・インペリアル」を注文。
お味のほうは・・・・ほとんどスパークリングワインですね。でも、確かにディタの香りとすっきりした甘さが感じられて、美味しかったです。
これは今後、ハマるかもしれません。(^^)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

元祖"モスコミュール" 翠の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる