翠の独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 『クレイジー・フォー・ユー』 静岡公演

<<   作成日時 : 2005/08/27 23:21   >>

トラックバック 1 / コメント 0

劇団四季が静岡で公演中のミュージカル『クレイジー・フォー・ユー』を観に行ってきました!
加藤敬二さんのボビー見たさに、遂に地方まで追いかけて行ってしまいましたよ。
でも、静岡は品川から新幹線で1時間弱。近〜い♪
でも、今日の静岡の気温は36℃!暑〜い!!

私が『クレイジー・フォー・ユー』を初めて観たのは、1993年のこと。日本初演の年でした。
以来、私にとって、この作品はNo.1ミュージカルになり、その後、東京公演のたびに観に行くようになりました。
毎回、主役のボビーを演じていたのは劇団四季屈指のダンサー、加藤敬二さん。荒川務さんも演じていましたが、私は加藤さんのボビーしか観たことがありませんでした。
しかし、2年前の東京公演では、加藤さんはキャスティングされず、荒川務さんonly。この時、公演期間中、3回観に行ったのですが、どうも物足りなさを感じて仕方ありませんでした。
これが、加藤さんじゃないからなのか、私が『クレイジー・フォー・ユー』という作品に対しての思い入れが変わってしまったのか、その時は判断できませんでした。何と言っても、この時、東京で上演されたのは6年ぶりのこと!私が大人になってしまっただけなのかもしれません。

今回、それを確かめるべく、静岡まで行ってきたのです。この静岡公演では、加藤さんがボビーにキャスティングされていることが分かっていましたからね〜。
加藤さんのボビーを見るのは8年ぶりです。しかし、8年前と変わらぬ感動を味わうことができました。やっぱり、これよ、これ。私の大好きな『クレイジー・フォー・ユー』です。遠出した甲斐がありました〜。

ボビーという青年は、とても陽気で、ヒロインのポリーには「東部の人って、皆あなたみたいにオメデタいの?」と言われるほど。アメリカ人としてもテンションが高く、このテンションを維持し続けるのは、日本人には難しいと言われています。
にもかかわらず、加藤敬二さんは、かつて『クレイジー〜』の振付家であるスーザン・ストローマンに「世界で一番才能のあるボビー」と絶賛されたのです。いかに加藤さんがスゴイかが分かります。

今回、ポリー役は樋口麻美さんがキャスティングされていました。樋口さんは、『夢から醒めた夢』のピコや、『マンマ・ミーア!』のソフィ、『アイーダ』のアイーダなど、最近の活躍ぶりは目覚しいものがあります。
ポリー役はまだ荒削りな感じがしましたが、男まさりなポリーのこと。これもありかな・・・・と思いました。

『クレイジー・フォー・ユー』、やっぱり最高です♪

『クレイジー・フォー・ユー』のもとになった映画です
Girl Crazy [VHS] [Import]

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
クレイジー・フォー・ユー
KISS!KISS!KISS! ...続きを見る
舞台ビギナーズ!
2005/09/04 01:47
『クレイジー・フォー・ユー』 静岡公演 翠の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる