翠の独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 初!オペラ鑑賞

<<   作成日時 : 2005/12/03 23:59   >>

トラックバック 2 / コメント 4

オペラというと、堅苦しい、敷居が高い・・・・といったイメージ。しかもチケット代はバカ高い。それでも生でオペラを見てみたいという気持ちはずっとあり、一つの憧れでもありました。
そして遂に初めてのオペラ鑑賞に至ったのです。

今日見た公演は、レニングラード国立歌劇場オペラ『椿姫』。
椿姫といえば、「乾杯の歌」や「花から花へ」など、お馴染みの曲がいっぱいの、オペラではメジャーな作品ですね。
レニングラード国立歌劇場は、ロシアの文化・芸術の中心であるサンクトペテルブルグにある170年余りの歴史を誇る名門歌劇場。
ところがこの来日公演・・・・オペラにしては何故かとても安いんです。だからこそ、私でも手が届いたわけなんですけどね。

<椿姫 あらすじ>
純朴な青年アルフレードは、パリで今をときめく美しい高級娼婦ヴィオレッタに出会って激しい恋に堕ちる。ヴィオレッタはアルフレードの一途な愛に心を打たれ、これまでの享楽的な生活を捨てパリ郊外で共に暮らし始める。しかし、世間体を重んじるアルフレードの父親に別れるように頼まれたヴィオレッタは愛する彼のためにと身をひく決心をするのだった。そうとは知らないアルフレードは、パリに戻って行ったヴィオレッタを大勢の前で非難する。やがてヴィオレッタは病に倒れ、楽しかった日々を思い出しながら、苦しい息の中で愛しいアルフレードの名前を呼ぶのだった・・・・。

『椿姫』は伝説にまでなっているマリア・カラスのCDを高校生の頃に買い、よく聴いていたので、どの曲もよく知っていたのですが、実際に舞台として見るには全然違いますね。
オペラの中心は何と言っても音楽です。でも、演技も求められるわけで、出演者たちは歌手でありながら、役者でもあらねばなりません。
また、セットや衣裳の煌びやかさには目を瞠りました。特に衣裳は、「視覚的効果」というものが実によく考えられていたと思います。白と黒のコントラストが見事で、主役のヴィオレッタを際立たせていました。
そして、見ていて思わず楽しくなったのは、第2幕の始めのほうに登場するバレエ・シーンです。ストーリーには直接関係はないのですが、とても華やかで美しく、その後に待ち構えている悲劇とは対照的で、見入ってしまいました。このバレエが、いい意味で作品にアクセントをつけていたと思います。

何でも生で見るというのはやっぱり違うものです。
オペラ・・・・機会があれば、また是非見てみたいですね!

マリア・カラスのライヴ版・椿姫
ヴェルディ:椿姫 全曲

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
レニングラード国立歌劇場オペラ「椿姫」 12/3 マチネ
前から一度観たいと思っていた「椿姫」。初・オペラ鑑賞ですそして、 「オペラグラス」をオペラで使うのも初めて(笑)やはり服装はギリギリまで迷いました・・・。服に合わせるバッグに困って、数年前に友人の結婚式で使った小さくて使えないバッグまで持ち出す始末会場に到... ...続きを見る
チロルのつれづれ日記
2005/12/06 00:35
ラ・トラヴィアータ(椿姫)!
ヴェルディ作曲の物悲しく凄まじいオペラ フェスティバルホールにて 追記) 05.12.9(金)18:30 フェスティバル ...続きを見る
**♪* 今日もいい日 *♪**
2005/12/13 10:07

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
翠さん、TBありがとうございました。
また、お誘い頂きまして、どうもありがとうございました。ほんとに良かったですねー。あのゴージャス感が素晴らしかったです!!また機会がありましたら、是非、一緒に行きましょう!
snowwhite
2005/12/04 21:00
>snowwhiteさん
この公演を見つけられたのはラッキーでした。
今度はモーツァルト作曲のオペラが見てみたいですね。手の届く範囲で・・・・。(^^;

2005/12/04 23:28
なかなか手が届かないオペラがお手頃な値段で
観られるというのは嬉しいですね!
ちなみに、劇中のバレエ場面で登場した
レニングラード国立バレエの公演も、バレエの来日公演にしては比較的お手頃価格です(^^ゞ
ミュージカルもいいけど、たまには違うジャンルの舞台もいいですね♪
チロル
URL
2005/12/06 00:40
>チロルさん
劇中のバレエ、とても印象的でした!
ちょっとバレエも見てみたくなってしまいました。(^^;

2005/12/06 01:16
初!オペラ鑑賞 翠の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる