翠の独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS ミュージカル『エリザベート』

<<   作成日時 : 2006/05/05 23:59   >>

トラックバック 0 / コメント 6

昨日は朝から秩父へ出かけ、その足で新宿へ直行。乗馬仲間との飲み会に参加し、23時過ぎまでカラオケで盛り上がっていました。
遊ぶのは勝手なのですが、さすがに今日は疲労が著しく、今日の観劇は寝てしまうのではないかと心配でした。しかし、せっかく勝ち取った激戦チケット!寝ている場合ではありません。
目を凝らして、しっかり見てきました〜。

画像今日は、日生劇場で上演中のミュージカル『エリザベート』です。
今回からWキャストの死の帝王トート役に内野聖陽さんにかわり、武田真治さんがキャスティングされていますが、そちらも興味はあったものの、今日、私が見たのはこれまでずっとトートを演じてきた山口祐一郎さんのほうです。

GW期間のためか、今日の劇場は地方から来たと思われる方がたくさんいました。方言があちらこちらから聞こえ、また、キャスター付のキャリーバッグを引いている方も何人もいました。

さて、今日の皇帝陛下は鈴木綜馬さんだったのですが、先日、レミゼで冷酷なジャベールを演じていたのを見たばかりだっただけに、そのギャップが楽しみでした。
ジャベールは笑顔なんて一切見せませんが、エリザベートと婚約した頃の皇帝陛下は微笑んでいますからね〜。歌声も力強いジャベールに対し、皇帝陛下はちょっと気弱な感じ。う〜ん、同一人物とは思えません!
でも、私としては鈴木さんのイメージとして、皇帝陛下を演じているほうがやっぱりピンときますね〜。
今回、つい私はこの鈴木フランツに肩入れしてしまい、皇帝陛下がとても哀れに思えてしまいました。
これまでは、エゴイストではあるけれど、自由を求めるエリザベートの生き方にも共感し、エリザベートを旧式の君主制の犠牲者だと考えていました。そして、皇帝については、エリザベートの不幸の元凶と思っていたのですが、今回、考え方も少し変わりました。
皇帝も苦悩し、彼なりに精一杯の誠意を見せたと思えたし、それを理解しないエリザベートのエゴイストぶりのほうが浮き彫りになった感じです。
これは単に私の主観の問題だと思いますが、気分や見方によって、随分感じ方も変わるものだなぁ・・・・と改めて芝居の面白さを感じました。

今日のトート閣下・・・・何やらエラくノリノリだったように思えるのですが気の所為でしょうか。
しかし、マダム・ヴォルフの伊東弘美さんとリヒテシュタイン伯爵夫人の小笠原みち子さんは、間違いなくノリノリでしたね!その様子は特にカーテンコールに表れていました。一体、何があったのでしょう??

拍手はいつまでも鳴り止まず、カーテンコールもしばらく続きました。最後にエリザベート役の一路真輝さんとトート役の山口さんが二人だけで出てきましたが、その時、山口さんがコケた・・・・のはわざとですよね??
わざとのようにも見え、マジだったようにも見え、イマイチよく分かりません。
一路さんが客席に向かって手を振っても山口さんはどこか恥ずかしそう。一路さんが山口さんの腕を取り、手を振らされていました。やっぱり山口さん、お茶目だわぁ♪

今回、エリザベートはこの1回限りですが、また見たくなってしまいました。(もうチケットとれないけど)
今度はいつやるのでしょう。
すっかりエリザベート・モードになってしまい、帰りには思わず、エリザベートの「愛のテーマ」を携帯の着メロにダウンロードしてしまいました。(^^ゞ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
昨日はお疲れ様でした。

本日、エリザベートだったんですね。
本日は、私はメタルマクベスを見てきました。
山口さん、コケるなんてお茶目ですね♪
初めて、トートで見た時、
カーテンコールのお茶目な山口さんを見て、
ファンが多い理由を垣間見たような気がしました。
てるひ
2006/05/06 01:28
エリザベートは名作ですね。私は去年「あさこエリザ」の予習のため、梅田で内野トートのエリザを観劇しました。私は来週は月組大劇、来月は梅田でとうこさんが出演する「コパカバーナ」その翌月は「ファントム」花組版の観劇予定です。期待度大の作品が並び、楽しみです。
exercise dependency
URL
2006/05/06 07:24
>てるひさん
飲み会で「明日、CFYなの〜」なんて大嘘言っていましたが、何を勘違いしていたのでしょう?CFYは6日でした。(^^;
そう!5日はエリザベートです!
山口さんはお芝居の中では貫禄十分なのに、そこから離れると妙に照れ屋なんですよね〜。そこが魅力でもあります♪
メタマクの松本公演、行かれたんですね!あとでレポート、拝見させていただきますね〜。

>exercise dependencyさん
昨年の宝塚のエリザベートを見なかったのが今ではとても悔やまれます。東宝版とは演出が異なると聞いているので、その違いがとても気になります。
花組のファントムは、私も気になっている作品の一つ。東京でも8月にやるので、是非見に行きたいと思っています。

2006/05/06 14:07
初めまして!!お世話になってる方のブログでお名前を拝見しておりました☆
エリザ観て来られたのですね!!私は今回のエリザは不参加なので感想が聞けてとっても嬉しかったです♪
宝塚や四季から遠ざかってる私ですが・・・またお邪魔させてもらいます(〃▽〃)
ヌヌ
URL
2006/05/08 19:15
私もまったく同じで、
綜馬フランツがかわいそうで仕方なかったです!
皇帝陛下こそ、被害者なのではないかと思います。
宝塚版、私はどちらかというと東宝版より好きなのです…。
うーさま
URL
2006/05/08 20:26
>ヌヌさん
はじめまして!コメント、ありがとうございます。
ここのところ注目作品がたくさんあり、私も何を諦めるか、随分思案したものです。(^^ゞ
宝塚はベルばらでデビューしました!意外にもハマッてしまいそうです。(笑)
是非、また遊びに来てください!
こちらからもお邪魔させていただきますね〜。

>うーさまさん
そう!今回の綜馬フランツ・・・・なぜ、あんなに可哀そうに見えたのでしょう。エリザベートの見方が変わりました。
宝塚版・・・・やっぱり良いのですね〜。
トート閣下は女性が演じたほうが似合う気がします。
宝塚版、見てみたいものです。

2006/05/09 01:44
ミュージカル『エリザベート』 翠の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる