翠の独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 宝塚星組公演『さくら/シークレット・ハンター』

<<   作成日時 : 2007/06/30 23:46   >>

トラックバック 0 / コメント 4

星組トップ、安蘭けいさんのお披露目公演となる『さくら/シークレット・ハンター』。東京宝塚劇場における公演は、明日で千秋楽を迎えますが、やっと観ることができました〜。

『さくら』は、私にとっては宝塚では初の和物レビュー。一体、どんな作品になっているのだろう?と、とても気になっていました。
幕が開いた瞬間、あまりの華やかさに思わず「わぁ〜!」と声をもらしてしまいました。しかし、次の瞬間、頭をよぎったのは「マツケン・サンバ?」でした。(^^ゞ

『さくら』は、その名の通り、「さくら」の美しさ、妖しさ、儚さを表現した舞台。セットの桜も見事だったものの、今の時期に「さくら」と言われても、ちょっとピンとこないのが残念なところ。
宝塚大劇場での公演はまさに桜の季節だったみたいですけどね〜。
この舞台では、安蘭けいさんや遠野あすかさんはもちろん美しく、素敵だったのですが、専科から参加されていた松本悠里さんに目を奪われてしまいました。実は一番サマになっていたような気がします。

安蘭さんは・・・・やっぱり洋物のほうがカッコイイですね。(^^;

さて、ミュージカル『シークレット・ハンター』のほうはガラリと雰囲気が変わって、楽しいラテンのノリ!
カリブの島々って、いつもこんなに楽しげなのかなぁ・・・・行ってみたい!と思わせるものがありました。
内容としては、「ローマの休日」+「ルパン三世」といった感じ?(笑)
やっぱりミュージカルは楽しい作品がいいですね〜♪
最後のジェニファー王女の正体に関するオチは予想していなかったもので、「やられた〜!」と思いました。

この作品での安蘭さんは、もうカッコ良すぎです!なぜ、この方は女性なのだろう・・・・と嘆かわしく思えるほどでした。
また、歌の上手さも際立っていましたね〜。ホント、素晴らしかったです。

そして、エンディング!
大階段に現れた時は、思わず心の中で「キターーーー!!」と叫んでいました。(^^ゞ
やっぱりトップとして、そこに立った姿は感動的でした。

エンディングでの安蘭さんはノリノリでしたね。ちょっと悪ノリ?と思えるようなところもあり、でも、そこがまた魅力だったり・・・・。
客席に向かってウィンクした瞬間、あちこちで悲鳴が上がっていました。(^^;
私の隣に座っていた方も熱狂的なとうこさんファンのようで、拍手喝采、気絶寸前といった様子。その熱狂ぶりに、ちょっと圧倒されてしまいました。(汗)
まあ、気持ちも分からなくはないのですが・・・・。ホント、素敵でしたからねぇ。

う〜ん、今年はもう安蘭さんを東京でお目にかかれる機会がないのが残念です。
今回の公演・・・・もっと前にもう1回チケットをとっておけば良かったなぁ、とちょっと悔やまれます。

東京宝塚劇場では、星組が明日、千秋楽を迎えます。
そして、7月6日からは雪組の『エリザベート』が開幕します。こちらの観劇は、今回は早いです!
開幕の翌日、7日には観に行きますからね〜。

まさか、東京宝塚劇場に2週続けて通うことになろうとは!
1年前には考えられなかったことです。(^^ゞ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
星組公演、圧倒されながらも楽しまれたようですね(笑)♪
私は和ものの瞳子さんが(どちらかというと洋物より)大好きです。
石川五右衛門とかかっこよかったですよ〜♪

でも考えてみたら、本当に、
次の公演は来年なんですね(>_<)
うーさま
URL
2007/07/03 00:01
>うーさまさん
星組公演、良かったです♪
来年まで東京で星組公演がないと気付いた時は愕然としてしまいました。(汗)
そのうち、宝塚への遠征もあるかも!?

2007/07/03 00:27
うーさま同様、私もとうこさんの和物は大好きで、石川五右衛門も佐々木小次郎も好きでした(苦笑)。翠さんも是非、ムラに遠征にお越し下さい。私は東京遠征したくても時間がなくて無理です(涙)。
exercise dependency
URL
2007/07/05 16:20
>exercise dependencyさん
とうこさんの石川五右衛門、評判いいですね〜。ちょっと興味が沸いてきました。DVDで見てみようかなぁ。(^^ゞ
今年はもう東京では星組公演がないので、本当に遠征してしまうかもしれません。(^^;

2007/07/06 00:16
宝塚星組公演『さくら/シークレット・ハンター』 翠の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる