翠の独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 『モーツァルト!』300回公演

<<   作成日時 : 2007/12/02 23:59   >>

トラックバック 0 / コメント 2

帝国劇場で上演中のミュージカル『モーツァルト!』を観てきました〜。
この作品は、『エリザベート』などを手がけたクンツェ&リーヴァイ・コンビによるウィーンの傑作ミュージカルです。

日本初演は2002年。そして、2005年にも再演されました。
私が初めてこの作品を観たのは2005年の再演版でした。今回は2年ぶりの観劇となります。

この作品は天才モーツァルトを描いた作品としては異彩を放っていると思います。
父レオポルトとの関係や、ザルツブルクの大司教コロレドとの確執、そして悪妻として名高い妻コンスタンツェの孤独、モーツァルト自身の天才ゆえの苦悩など、焦点のあて方としては面白いです。
そして、改めて「名曲揃いだなぁ・・・・」と美しい数々の曲に感動しました。

<ストーリー>
幼い頃「神童」と呼ばれたヴォルフガング・モーツァルトは、父、レオポルト・モーツァルトの英才教育をうけながらも、ありのままの自分の姿を受け入れず、「神童」のイメージを押し付ける父親に反発していた。また、モーツァルトと父の雇い主であるザルツブルクの領主コロレド大司教はモーツァルトを自分の宮廷音楽家として束縛し、才能の独占を図るが、反発したモーツァルトは宮廷音楽家の職を辞めてしまう。
ザルツブルクを飛び出し、ウィーン、パリ、ロンドンと恵まれた職場を求め旅に出るモーツァルト。故郷で姉ナンネールはモーツァルトの成功を夢見る。しかし、父レオポルトは、未熟で世間知らずなモーツァルトが心配でたまらない。
父の案じていたとおり、コロレド大司教の策略もあり、モーツァルトは新しい仕事につくことが出来ない。その上、ウェーバー一家に利用され、一文なしになってしまう。
ザルツブルクから一緒だった母の死、絶望の淵に立たされるモーツァルト。そんな中で、モーツァルトはウェーバー家の娘、コンスタンツェに惹かれ、二人は愛をはぐくむのである。
モーツァルトの才能を認めるヴァルトシュテッテン男爵夫人は、その才能を開花させるために、ウィーンでの音楽活動を勧めるのだが、コロレド大司教はザルツブルクに戻れとモーツァルトに命令する。対決はエスカレート、それぞれに最後通牒を投げつける。コロレド大司教とたもとを分かったモーツァルト。束縛するものから解放され、自由の身になれたように思えたのだが・・・・。
やがてモーツァルトは理解する、自分が自由ではないことを。神童アマデの姿でモーツァルトを追い詰めるもの・・・・それは自分自身の才能。いままでの全ての障害よりも強固で、さらに高みを目指し進むことを要求してくる。

<本日のキャスト>
ヴォルフガング・モーツァルト ・・・・ 井上 芳雄
コンスタンツェ(モーツァルトの妻) ・・・・ hiro
ナンネール(モーツァルトの姉) ・・・・ 高橋 由美子
ヴァルトシュテッテン男爵夫人 ・・・・ 香寿 たつき
コロレド大司教 ・・・・ 山口 祐一郎
レオポルト(モーツァルトの父) ・・・・ 市村 正親
セシリア・ウェーバー(コンスタンツェの母) ・・・・ 阿知波 悟美
アルコ伯爵 ・・・・ 武岡 淳一
エマヌエル・シカネーダー ・・・・ 吉野 圭吾
アマデ ・・・・ 野本 ほたる
その他

井上君はやっぱり上手いですね〜。
モーツァルトの天才と子供っぽさ、そして自由人として魅力を感じました。
今日の公演は、『モーツァルト』通算300回目にあたるそうで、貸切公演だったこともあり、カーテンコールで井上君から挨拶がありました。
ちなみに井上君はWキャストのため、これまでの出演は159回だそうです。
また『エリザベート』は通算606回だそうで、それを超えたい・・・・と語っていました。(^^)

ミュージカル初挑戦のhiro・・・・。
決して下手なわけではないのですが・・・・歌い方がミュージカルではない・・・・。あくまでヴォーカリストとしてのhiroという感じでしたね。
まあ、予想はしていたんですけどね・・・・。(^^;

山口さんはちょっと太りましたかね?それとも、リッチな大司教を演じるための役作り??
あの、馬車からトイレに駆け込む名物シーンは、パワーアップしていたように思えます。完全に楽しんでいますね〜。(^^)

市村さんの演技は泣かせるんですよね〜。
モーツァルトへの愛情は誰よりも深いのに、決して分かりあえない・・・・せつないです。

吉野さんのシカネーダーもパワーアップしていましたね〜。
かなりハジけていました。(^^ゞ

ヴァルトシュテッテン男爵夫人を演じていた香寿たつきさんは、すごく存在感がありました。
前回の公演の時は、ここまでヴァルトシュテッテン男爵夫人が目立つ存在だとは思っていなかったのですが・・・・。

『モーツァルト!』は12月25日まで上演されていますが、香寿さんの出演は5日まで。6日以降は涼風真世さんになります。
涼風さんの公演はチケットを取りそこなったんですよね〜。
う〜ん、涼風さんのヴァルトシュテッテン男爵夫人も観てみたかったなぁ。

Mozart
Mozart! Ein Musical

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
男爵夫人のドレスの色も関係あるのかな〜
とも思います(^^ゞ
タータンも「女優」として貫禄がついてきた、ということもあるのでしょうね。
うーさま
URL
2007/12/04 21:51
>うーさまさん
前回、私は久世星佳さんの男爵夫人しか見ていないので、香寿さんでの比較ができないのが何とも言えないところなのですが・・・・。(汗)
でも、ドレスの色とかも関係あるかもしれませんね。

2007/12/05 00:05
『モーツァルト!』300回公演 翠の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる