翠の独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 『SEMPO 杉原千畝物語』

<<   作成日時 : 2008/04/12 23:25   >>

トラックバック 0 / コメント 2

ミュージカル『SEMPO 〜杉原千畝物語〜』を観てきました。
杉原千畝氏は、ヒトラー政権時代、リトアニアの領事代理を務めていた人物で、ポーランドからリトアニアに逃れてきたユダヤ人たちに日本の通過ビザを発行しました。そのビザは「命のビザ」とも言われ、多くのユダヤ人たちを救ったのです。
主演はミュージカル初挑戦の吉川晃司さん。楽曲提供に中島みゆきさんが参加したことでも話題になっています。

杉原千畝氏は「日本のシンドラー」と呼ばれ、国際的には「センポ スギハラ」として知られています。「センポ」とは「ちうね」という名前が海外では発音しにくかったため、杉原氏自身がユダヤ人たちに呼ばせていたニックネームのようです。

当時の日本はドイツとは同盟関係。ユダヤ人を救うというのは、日本政府の意向に反していました。しかし、杉原氏は苦悩しながらも、人間としての正義を貫くことを決め、独断でビザを発行することにしたのです。
彼は「人間として当然」とは言うものの、誰にでもできることではありません。ものすごい勇気だと思います。

吉川晃司さんは、この杉原氏を熱演していました。歌も見事でした・・・・が、歌い上げるような場面では、やっぱりロッカーな歌い方ではありましたが。(^^;
また、テレビで見るよりも、とても背が高いことを知り、驚きました。舞台栄えしますね〜。今後も舞台活動をされるのでしょうか。だとすれば、楽しみですね〜。

<キャスト>
杉原 千畝 ・・・・ 吉川 晃司
幸子(千畝の妻) ・・・・ 森奈 みはる
節子(幸子の妹) ・・・・ 辛島 小恵
ノエル(ユダヤ人の5人の代表) ・・・・ 今 拓哉
ニシュリ(ユダヤ人の5人の代表) ・・・・ 泉見 洋平
シモン(ユダヤ人の5人の代表) ・・・・ ICHIDAI
カイム(ユダヤ人の5人の代表) ・・・・ 沢木 順
ローゼンツ(ユダヤ人の5人の代表) ・・・・ あぜち 守
エバ(ノエルの恋人) ・・・・ 彩輝 なお
エリーゼ(エバの母) ・・・・ 井料 瑠美
ジョセフ(エバの父) ・・・・ 水澤 心吾
ガノール(ローゼンツの友人) ・・・・ 川本 昭彦
ソリー(ガノールの子供) ・・・・ 池田 祐見子
グッシェ(千畝の秘書) ・・・・ 田村 雄一
その他

今回、私が楽しみにしていたのは、何といっても沢木順さん!四季退団以降、私はその姿を見たことがなかったのですが、久しぶりに歌声をきくことができて嬉しかったです。お姿は・・・・さすがにだいぶ老けたな、とは思ったのですが。(^^;
でも、あの歌声と存在感は健在で、この作品の中でもナビゲーターのような役回りになっていました。

でも、「歌声」ということでは、私は今回の出演者の中ではやっぱり今拓哉さんが好きです♪
今さんの歌声は、何故かホントに好きで、時に泣きたくなるほどです。

彩輝さんは、「暗くなるまで待って」以来、注目していた女優さんですが、今回も可愛らしく、それでいて芯のしっかりした女性を熱演していました。
元宝塚の男役トップの方ではありますが、そんな感じは全くしません。ただ、歌で高音部を出す時はかなり辛そうではあるのですが・・・・。

井料瑠美さんは、最近では「レミゼ」のファンテーヌのイメージが強いですが、今回も儚い女性でした・・・・。娘を思いながら息をひきとるシーンでは、本当にファンテーヌと重なりました。
しかも、井料さんは色白で華奢なので、こういった役が実にはまるんですよね〜。

今回のミュージカルは、日本のオリジナル作品としては、とてもクオリティの高い感動作です。
カーテンコールではスタンディングオベイションに!!
当初は、この舞台を見に行くことについては、あまり気乗りしていなかったのですが、行って良かったと思います。(^^)

決断・命のビザ
決断・命のビザ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
すごく気になる作品ではあるのですが、
なかなかそこまで手が回らず…。
スタンディングになったなんて、
とてもよい公演だったのですね。
うーさま
URL
2008/04/19 22:17
>うーさまさん
私もとても行くのを迷った作品なのですが、行って良かったです。感動しました〜!
是非、再演してほしいですね〜。

2008/04/19 22:43
『SEMPO 杉原千畝物語』 翠の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる