翠の独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 宝塚雪組公演『風の錦絵/ZORRO』

<<   作成日時 : 2009/05/30 23:58   >>

トラックバック 0 / コメント 2

宝塚の雪組公演『風の錦絵/ZORRO 仮面のメサイア』を観てきました〜。
この作品は、雪組娘役トップである白羽ゆりさんの退団公演でもあります。

私が白羽さんが演じた役で一番印象に残っているのは何と言っても『エリザベート』のタイトルロールです。あのエリザベートは美しかったですね〜。
そして今日の公演でも歌や演技にも磨きがかかり、とても可愛らしく、今まさにノッている感じなのに、ここで辞めてしまうのがもったいなく感じられました。
でも、既に退団後に出演する舞台も決まっていますし、今後の活躍にも期待したいです。

さて、今回の公演はレビューとミュージカルの2本立てですが、先に上演されたのはレビューの『風の錦絵』でした。
これは和物の作品で、専科から轟悠さんと松本悠里さんも出演されていました。
松本さんは流石ですよねぇ。明らかに他の方たちとの踊りとは一線を画し、登場するとその度に思わず見入ってしまいました。
風林火山のシーンでの、水さんと轟さんの対決は見応えがありました。轟さんの上杉謙信は、大河ドラマでGacktが演じていた謙信の影響を受けているような感じでしたが、実際、意識していたんですかねぇ?
ただ、ここでちょっと違和感を覚えたのが武田軍が青い衣裳で、上杉軍が赤い衣裳だったこと。武田といえば、やっぱり赤備えでしょう・・・・。

レビューは30分ちょっとであっという間に終わってしまい、30分の休憩となりました。何とも中途半端な時間での休憩です。
そして、後半はミュージカル『ZORRO 仮面のメサイア』の幕が上がりました。
これはあの「怪傑ゾロ」をモチーフにした作品です。

<キャスト>
ディエゴ・デ・ラ・ベガ(ゾロ) ・・・・ 水 夏希
ロリータ(レディ・ゾロ) ・・・・ 白羽 ゆり
メンドーサ大佐 ・・・・ 彩吹 真央
カルロス・デ・ラ・プリド(農園主、ロリータの父) ・・・・ 未沙 のえる
カタリーナ(カルロスの妻) ・・・・ 一原 けい
アレハンドロ・デ・ラ・ベガ(ディエゴの父、市長) ・・・・ 飛鳥 裕
ホセ・ディアス ・・・・ 未来 優希
ベルナルド(ベガ家の召使) ・・・・ 音月 桂
ブラック・エルク ・・・・ 彩那 音
夜の稲妻(ベルナルドの妻) ・・・・ 愛原 実花
オリバレス総督 ・・・・ 早霧 せいな
その他

ゾロといえば、勧善懲悪なので、ストーリーとしては単純。それだけに安心して観ていることができました。
水さんのゾロがとにかくカッコいい!仮面をつけているのに、その身のこなしだけでカッコイイ!と思わせてしまうところが、さらにスゴイと思いました。
そして、今回、個人的に目を引いたのはベルナルドを演じていた音月桂さんでした。
声を出すことのできない役でありながら、その人物像をよく表現されていたと思います。

この作品は、エンターテイメントとして、単純に楽しめるものでした♪
その華やかさでも、宝塚らしい作品だったとも思います。(^^)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
トドさまの謙信は、ほんとガックンにそっくりでしたね。でも美しかったからいいです(笑)
なんだか雪組ばっかり変則な公演ですが…。
惜しまれつつ退団…というのが宝塚のいいところだと思いますが、それでももったいない、と思うことはありますね。
うーさま
URL
2009/06/01 23:54
>うーさまさん
轟さんの謙信は「あれ?どこかで見覚えが?」と思った後で、Gackt謙信を思い出しました。(^^)
今の時点での白羽さんの退団は本当にもったいないと思いました。でも、今後の活躍にも期待したいです!

2009/06/02 00:15
宝塚雪組公演『風の錦絵/ZORRO』 翠の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる